ブライダル特集 新居準備のお役立ち情報|家具・インテリアのIDC大塚家具

IDC大塚家具のブライダル特集

~インテリアで叶える理想の新生活 新居の準備に役立つ情報満載~

リビングルーム

リビングルーム

リビングルームから商品を探す

デザインも心地よさも両方欲しい

明るく爽やかなリビングで朝を迎え、ゆったりと落ち着いたリビングで一日の終わりを。ふたりで一緒にいる時間が長いリビングは、お洒落で使い心地のいいインテリアを置きたい。掛け心地のいいソファに、お部屋をすっきりとまとめてくれる収納、やさしい灯りの照明…さまざまなアイテムをバランスよくチョイスしましょう。

  • リビングルーム
  • リビングルーム
  • ソファ
  • ソファ
  • ソファ
  • カウチソファ

おすすめアイテム

  • COLUMN.1
  • ポイントを抑えてソファを選ぶ

  • ソファ(ローアーム)

    ソファ(ローアーム)

  • ソファ(ハイアーム)

    ソファ(ハイアーム)

  • ラブソファ+オットマン

    ラブソファ+オットマン

  • カウチソファ+ヘッドレスト

    カウチソファ+ヘッドレスト

  • カウチソファ+オットマン

    カウチソファ+オットマン

  • ○ふたりにぴったりのカタチは?

    横になってくつろぎたい、ふたりでゆったりと座りたい、家族が増えても使いたい… 使い方によってソファのカタチが決まります。幅や奥行き、アームの形、背もたれや座面の高さなども重要なポイントです。

    PickUp

    ソファ「フィモン」

    くるみボタンが特徴的なすっきりコンパクトデザイン

    ラブソファ「フィモン」

  • ○革派?布派?

    使い込むほどに味わいの増すレザー、色や柄なども楽しめてクリーニングもできるカバーリングタイプのファブリックやお手入れが簡単な合成皮革など。ふたりのライフスタイルに合った張り地を選びましょう。

    PickUp

    ソファ 「DM-KOD9013」

    上質なレザーの風合いを楽しむデザインソファ

    ソファ 「DM-KOD9013」

  • ○気になる耐久性は?

    耐久性に大きく関わってくる内部構造。ウレタンの密度やフレームの丈夫さなど、見えない部分はアドバイザーがしっかりと説明します。

    PickUp

    ソファ 「シネマ」

    素材感を活かした木製フレームのソファ

    ソファ 「シネマ」

  • COLUMN.2
  • すっきりしたリビングを叶える収納計画

  • ○大容量の壁面収納タイプ

    リビングの壁面を収納スペースとして有効に使いたい場合は、大型壁面収納タイプのテレビボードが一番。本やDVDはもちろん、すぐに取り出せる場所にしまっておきたいものを1ヶ所にまとめて収納できるので便利。

  • ○圧迫感のないリビング収納が欲しい

    収納スペースは必要だけど背の高い家具はちょっと…という方は、目線より低い収納を組み合わせて選び、圧迫感を軽減するのも方法のひとつ。

  • ワンポイント
  • リビング収納は、雑誌やアルバムなど、しまう場所としてはもちろん、フォトフレームなどを飾って楽しむところでもあるので、しっかり収納スペースを確保したい。
  • プラスワン
  • プラスワンで手軽にグレードアップ!

    コンパクトに置けるサイドテーブルでリビングを広く使ったり、コートハンガーを用意しておけば、コートや帽子などをさっと掛けられるので、来客時に喜ばれること間違いなし!
    さらに、小物などでちょっとした演出を加えれば完璧!

  • プラスワンアイテム

ダイニングルーム

ダイニングルーム

ダイニングルームから商品を探す

休みの日には友達を呼んで

新しい住まいでは、友達を招く機会も増えるはず。
みんなでテーブルを囲んで食事を楽しむことやふたりの将来を考えてインテリアを選びたいもの。最小限よりも最大限を考えておくと、後々買い替えることもなくなるので、効率よく、使い勝手のいい自慢のダイニングを手に入れられるはず。

  • ダイニングルーム
  • ダイニングルーム
  • ダイニングルーム
  • ダイニングルーム
  • ダイニングルーム

おすすめアイテム

  • リビングテーブル「リーフ」

    軽くて丈夫、オシャレで座り心地も
    good

    チェア「500EB」

  • スツール「No.202」

    デザインと機能で来客をもてなす

    スツール「No.202」

  • カウンター「ボンヌ」

    木の質感がやさしいカウンター

    カウンター「ボンヌ」

  • テレビボード「シャーフ」

    スペイン製の照明で上質な
    リビングに

    ペンダント「MRS-PLEAT」

  • COLUMN.3
  • 使い方で決まるダイニングテーブルの大きさと形

  • COLUMN.4
  • 収納力と機能美でつくるスマートキッチン

  • ○キッチン周りの収納量を確認

    買い置きしたもの、調理家電に来客用の食器やいただき物のグラスなど、キッチンはものがかさばりがち。シンク下や吊り戸棚など、まずは新居のキッチンにどれくらいの収納スペースがあるかチェック。
    現状とこれからのことをよく考えて食器棚の大きさを決めましょう。

  • ○使いやすさと衛生面

    静かに閉まる引出しや耐震ラッチ付きの扉、スチームオーブンや炊飯器の蒸気に強い素材、引出しや棚の耐荷重など。どんな機能が必要か、はじめに考えておくと使い始めてから後悔することもなくなるはず。

  • チェック
  • 搬入に備えて、熱感知器や照明など天井の凸凹を事前に確認しておくと家具選びがスムーズに!
    詳しくは「ふたりの新居Check Sheet」を参照。印刷してご活用ください。
  • ピックアップ
  • 10帖のお部屋にソファもテーブルも置きたい…!
    そんな方におすすめなのが、ラウンジスタイル。

    例えば・・・

    彼:「ソファでくつろぎながら映画やスポーツ観戦を楽しみたい」

    彼女:「友達を呼ぶときのことを考えるとやっぱりダイニングテーブルが欲しい」

    ふたりの間で意見が分かれた場合には、リビングダイニング兼用タイプの”ラウンジスタイル”がおすすめ。限られたスペースでもふたりの希望がきっと叶うはず。

    ラウンジスタイルの詳細へ

  • ラウンジスタイル

    使い方に合わせて高さを調整できるテーブル

ベッドルーム

ベッドルーム

ベッドルームから商品を探す

一生のうち3分の1を過ごす場所

毎日を幸せに楽しく過ごすために必要なのが快適な睡眠。
だからこそ自分の身体にしっかりとフィットして、心から休息できるベッドを選びたいもの。IDC大塚家具で取り扱っているマットレスは70 種類以上。じっくりと時間をかけて最高の寝室をつくりましょう。
衣類収納や照明選びも忘れずに。

  • ナイトテーブル「ルネ」

    ナイトテーブル「ルネ」

  • 寝装品「サーシャ」

    寝装品「サーシャ」

  • ベッドルーム
  • ベッドルーム
  • ベッドルーム

おすすめアイテム

〈 シングルクッション 〉

  • レッグタイプ

    レッグタイプ

  • 引出しタイプ

    引出しタイプ

〈 ダブルクッション 〉

  • ヘッドボードあり

    ヘッドボードあり

  • ヘッドボードなし

    ヘッドボードなし

  • ○ポピュラーなレッグタイプ

    4本脚のレッグタイプは通気性もよく、ほとんどのシリーズで展開されているので選択肢も多い。マットレスを置く部分はスノコやウッドスプリングなどシリーズによって違うので寝心地もチェック。

    PickUp

    ベッドフレーム 「Nレベッカ2」

    シンプルモダン好きにはコレ

    ベッドフレーム 「Nレベッカ2」

  • ○収納付きでベッド下も有効活用

    収納タイプは出し入れしやすい引出し式と大容量の跳ね上げ式の2種類。何を収納するのか、どれくらいの頻度で使うのかによって形状を選びましょう。引出し式の場合は、部屋の広さと引きしろも考えて。

    収納付きベッドフレーム一覧

    PickUp

    ベッドフレーム「オーベルリフト」

    ベッド一面全部収納の跳ね上げタイプ

    ベッドフレーム「オーベルリフト」

  • ○寝心地重視のダブルクッションタイプ

    多くのホテルでも採用されている寝心地と耐久性を重視したダブルクッションタイプは、通気性も抜群なので衛生的にも安心して使えます。ベッド下の収納が必要なければ迷わずこのタイプ。

    PickUp

    ヘッドボード「タクロー」

    ファブリックの編みこみがオシャレ

    ヘッドボード「タクロー」

  • ○選ぶときはしっかりと横になって

    座って柔らかさを確かめるだけではダメ。
    必ず横になって仰向け、横向き、それぞれのフィット感を確認しましょう。その時は枕や掛け布団も一緒に試すのがベストです。実際に眠る時の状態に近づけて選ぶことがポイント。

  • ○ダブルサイズは2人用ではない!?

    ふたりで横になって寝返りをうってみましょう。
    ダブルと聞くと2人用の気がしますが、実際はシングルの約1.4倍の幅しかないのです。スペースに問題がなければ大きめのベッドを選ぶのも方法のひとつ。

  • おすすめ
  • 起きる時間、眠る時間が違う2人には、それぞれ一台ずつベッドを用意するのがオススメ。
    振動が伝わらないので、お互いの睡眠を邪魔することなく、ゆったりと眠ることができます。
    マイホーム購入でお部屋の数が増えたとき、家族が増えたときなど、将来的なことも考えて選ぶと良いです。
  • 寝室
  • 6畳あればクイーンロングでも大丈夫!

    大きいサイズのベッドでゆったり眠りたいけれど、部屋のスペースが狭いからと諦めていませんか?
    左の図のような6畳の寝室でも、他の家具をなるべくコンパクトにすることで、クイーンロングのベッドも置くことができます。 せっかくの癒しの空間なので、のびのびとした気持ちで安らげる大きめのベッドを、ぜひ検討してみてください。

●一般的なマットレスのサイズ(単位:cm)

セミシングル シングル セミダブル ダブル ワイドダブルロング クイーン クイーンロング
85×195 97×195 122×195 140×195 153×203 170×195 170×203
  • 世界の寝心地からベストを選ぶ

    見た目では絶対選べないのがマットレス。だからこそ違いを理解してから選びたい。
    大塚家具ならアドバイザーの解りやすい説明を聞きながら、70種類以上の寝心地を体感。
    安心してベストな眠りを見つけることができます。

    マットレス一覧

  • マットレス
  • ○まずは必要な収納量を把握する

    「備え付けのクローゼットで収納は充分」と思っていると新居が洋服で溢れてしまうかも。お互いの洋服の量とこれから増えるもののことも考えて、どれくらいの衣類収納が必要かを考えることから始めましょう。

  • ○たたむ?吊るす?

    自分たちに必要な収納量を把握したら、次はどのようにしまうかを考えましょう。たたむのか、吊るすのかによって収納家具の形状も変わります。また帽子やバッグ、小物などのしまい方も考慮して家具の形を選びましょう。

  • ピックアップ
  • 空間の間仕切りにも便利なオープンシェルフ

    オープンシェルフは間仕切りとしても使えて実はとっても便利。ひとつのお部屋にベッドとリビングダイニングを置く場合や、ベッド横にアームチェアを並べてリラックススペースをつくる場合にもぴったりです。本やCDを並べて収納するだけでなく、写真や小物を飾ってディスプレイにもなりフレキシブルな使い方ができます。

  • オープンシェルフ「アプト」
  • COLUMN.8
  • 寝室に衣類収納は鉄則

  • たたむ、吊るすなど洋服によってしまい方が違うのに、それにあった収納スペースがないケースは多いもの。今のマンションやアパートは、クローゼットが中心。そんな住宅環境でこそ、衣類収納はマストアイテムなのです。大切な洋服を長く着られるように、しっかりとした収納場所を用意しましょう。

  • 収納・たんす

  • ○湿気に強いので安心

    梅雨の時期のジメジメは誰でも苦手なもの。そんな時期に洋服の天敵になるのが「湿気」。湿度の高いところに洋服をしまっておくとカビてしまい、衣類を傷めてしまうことも。桐は、一年を通して最適な湿度を保つうえに防虫効果もある万能素材。洋服以外にも大切なアクセサリーやバッグなども桐材を使った収納があれば四季を通して安心してしまっておけます。

  • ○細部に宿る匠の技

    ふたりで選んだ家具を、愛着を持ちながら長く使えるように、随所に施された職人の技。一棹ずつ丁寧にかんな掛けされ、大切なものをしっかりと守ってくれる箪笥は、見えない部分にまで職人のこだわりが光ります。例えば、負荷のかかる引出しの前板部分は、引張りやねじれに強い「蟻組み」という方法で結合されています。

  • スタッフ一押しの婚礼箪笥

    シンプルなデザインと本格的な作りが魅力。昔っぽさを感じさせないシンプルなデザインはいろいろな部屋の雰囲気にマッチ。お気に入りの冬物のコートやシルク、カシミヤ製のデリケートな季節物、革製のバッグまで、桐製の箪笥なら次の衣替えの時期まで安心して収納できます。

  • 婚礼箪笥
  • 女性なら、やっぱり欲しいドレッサー

    足元までチェックできる姿見タイプのものから充実収納タイプまで。 化粧品やアクセサリーなどの細かいものまで全部まとめてスッキリと使いやすく。

    ドレッサー一覧へ

  • ドレッサー
  • ○ベッドウェアは素材も重要

    ベッドウェアはデザインも重要だけど、吸湿性や乾きやすさ、伸縮性など素材によっての特徴が あるので、肌触りや質感もあわせてしっかりと確認しましょう。

  • ○ベストな枕の選び方

    自分に合うベストな枕を選ぶ方法は、からだの形、枕の高さ、マットレスの沈み込み具合、これらを 一度に試すこと。つまりマットレスを購入するときに枕も一緒に購入するべきなのです。
    「枕はあとで…」ではなく「枕も一緒に」選びましょう。

  • ○コーディネートを意識して選ぶ

    ベッドウェアは面積も大きく部屋の雰囲気を左右するものなので、家具やカーテンなどとの相性も考えながら選びましょう。これを怠るとどんなにオシャレなベッドウェアを選んでも、統一感のない印象になってしまいます。

おすすめアイテム

コンサルティングサービス

心から欲しいと思うものを見つけて、ずっとずっと使っていただきたい。
長く使うものほど安心してお求めいただけるように、すべてのお客様に無料でコンサルティングをしております。

  • レイアウト

    レイアウト

    図面をお持ちであれば検討中の商品を書き込んで、家具の大きさから動線寸法までシミュレーションいたします。ご要望によりショールーム内で部屋を再現し、サイズ感を確かめていただくこともできます。もちろん図面がなくてもご提案は可能です。

  • トータルプランニング

    トータルプランニング

    購入しなければいけないものはたくさんあるのに、どうやって選んだらいいのかわからない…家具、照明、小物にいたるまでインテリアに関するお悩みは、すべてお聞かせください。ふたりにとって最適な暮らしのイメージをインテリアでかたちにします

  • イメージづくり

    イメージづくり

    「まだどんな部屋にするかイメージがない」という方は、ショールームをじっくりとご覧ください。インテリアスタイルごとにコーディネートされているので、イメージ作りのヒントがきっと見つかります。

  • 照明

    照明

    専門的な知識が必要な照明選び。部屋の広さに対して必要なあかるさは?LEDは本当にいいの?それぞれの部屋に適した光の色はどんな色?ちょっとした疑問もお気軽にご相談ください。家具とのコーディネートもお任せください。

  • カーテン

    カーテン

    インテリアとしてはもちろんのこと、外からの視線、光や熱などから守る機能的なアイテムでもあるカーテン。家具に合う生地選びから取り付け方法まで、専門スタッフが最適なウィンドウトリートメントのご提案をいたします

  • 収納

    収納

    収納スペースは備え付けのものだけでは足りないはず。吊るす・たたむ・飾るなど収納と一言に言っても、しまい方も家具の形もさまざま。キッチン、リビング、寝室まで、お客様に合った収納方法がきっと見つかります。

  • 訪問採寸サービス

    訪問採寸サービス

    「このソファ気に入ったけど、大きすぎないかな?」そんな不安は出張サービスで解決。アドバイザーがご自宅にお伺いしてサイズや色、搬入経路のことなど、一つひとつ確認いたします。内覧会にも同行いたします。お気軽にご相談ください。