シンプルかつ飽きのこない「粋蔵 SUIKURA」

大阪市内 モデルルーム

コーディネート事例

伝統を守りながらも時代と共に変化するライフスタイル。そんな進化を遂げた新しい和スタイルのインテリア。焼杉壁の蔵を連想させる漆黒をベースカラーにし、アクセントカラーには寛ぎの夕暮れ色の「茜色」で心地よいコントラストをつけました。デザインには蔵窓のデザインで使われる四角や直線ラインをリピートすることで、和のテイストが息づくシンプルかつ飽きのこないデザインにしました。

お部屋の実例一覧へ