HOME > ドミシールについて

About Domicil ドミシールについて

  • Concept コンセプト
  • Designer デザイナー

Concept コンセプト

コンセプト イメージ1
欧州発の洗練されたデザイン

トゥーン・ヴァン・ゼンテンやハンス・ホッファーなど、著名な実力派デザイナーを起用。高い技術と機能性を追及し、優美なモダニズムとが見事に調和した、本物だけが持つプレシャスな空間を生み出します。

コンセプト イメージ2
機能性、そして開放感溢れる空間をリビングに

繊細なラインの機能美が光るフォルム。6段階で調節可能のヘッドレスト付きソファなど、リビングで過ごす場面によってその姿を変え、時には社交的に、時には安らぎとくつろぎをリビングに与えてくれます。

コンセプト イメージ3
日本の繊細な感性にも調和するクオリティ

日本仕様にダウンサイズされた端正なフォルムと、職人のこだわりから生まれる繊細で確かなクオリティは、日本のリビングシーンに自然と調和し、満ち足りたリビングライフを演出します。

ブランド紹介動画

Pagetop

Designer デザイナー

Domicilのソファは独特な感性をもった著名デザイナー達が手掛けています。彼らの手掛ける作品は、彼ら自身の直感的な美的価値観と卓越された感性からデザインされています。ここではDomicil ソファデザイナー、Hans HopferとTeun Van Zenten を紹介します。

Hans Hopfer ハンス ホッファー

Hans Hopfer ハンス ホッファードイツのライプツィヒ生まれ。
1978年にはパリへ移り住み、数多くの著名家具ブランドのインテリアのデザインを手掛け、ヨーロッパやアメリカで高い評価を得ています。
見事にバランスが取られたデザインのなかに、Hans Hopferの意外性のある独創的なセンスが表現されています。

Teun Van Zenten トゥーン ヴァン ゼンテン

Teun Van Zenten トゥーン ヴァン ゼンテン1943年オランダ生まれ。
自身の明確な哲学である「ミニマル・アート(※)」をもとに、シンプルなラインを強調した特徴ある機能的な家具をデザインしています。1971年以降、着々とキャリアを築きあげ、現在はイタリアやドイツ、オランダの一流家具ブランドの人気デザイナーとして活躍しています。

※ミニマル・アート(Minimal Art)は、視覚芸術におけるミニマリズム(Minimalism)であり、装飾的・説明的な部分を出来るだけ削ぎ落とし、シンプルな形と色を使用して表現する彫刻や絵画のこと。

Pagetop