HOME > ヴィットマンについて

ABOUT WITTMANN ヴィットマンについて

イメージ

ヴィットマンとは

ウィーン分離派の活躍の舞台となった、オーストリアを代表するブランド「ヴィットマン」は、100年以上前から職人の手仕事による伝統的な家具をつくり続けている名門です。

1896年ルドルフ・ヴィットマンがオーストリアのエツドルフ地方で馬具製造業をはじめ、第2次世界大戦後、息子のフランツ・ヴィットマンとカール・ヴィットマンの手により世界的な家具ブランドに発展。鋳造、家具製作張りぐるみ、縫製、それぞれの工程すべてが古くから伝わる手法によってひとつひとつと職人の手により行われています。

ヴィットマン社が求めるのは、大量生産により安易に生み出されるものでなく個々のディティールにまでこだわり抜き、細部に至って計算されて仕上げられた「確固たる作品」。そのクオリティの高さは世界中で高く評価されています。

近年では、世界的に活躍する著名なデザイナーを起用して、「Physical Comfort = 肉体的な心地よさ」をテーマに掲げた家具を発表し、注目を集めています。
オーストリアが誇る巨匠ヨーゼフ・ホフマンの過去の名作の復刻も手掛けていることが、同ブランドの信頼の高さを物語ります。