素材のテクスチャーが際立つ北欧スタイルインテリア【スタッフのコーディネート実例】

ファブリックやファー、木材などのさまざまなテクスチャーが楽しめるT邸は北欧スタイルをベースにまとめられたコーディネートです。毎日過ごす空間なので、あえて素材感が際立つアイテムを選び、見た目だけでなく触れたときの心地よさにもこだわったそうです。

2018/06/08

心地よさを追求した家族で集うリビング・ダイニング

有明本社ショールームスタッフ T邸


ITEM INFORMATION

片肘カウチソファ サヴァ 布グレー

洗練したデザインとゆったりとした座面サイズ、フェザーを…

商品詳細を見る

ダイニングチェア「Yチェア/CH24」

緩やかなカーブを描くアームと、ゆったりとした座面は様々…

商品詳細を見る

片肘カウチソファ サヴァ 布グレー

洗練したデザインとゆったりとした座面サイズ、フェザーを…

商品詳細を見る

ダイニングチェア「Yチェア/CH24」

緩やかなカーブを描くアームと、ゆったりとした座面は様々…

商品詳細を見る

[Profile]

IDC OTSUKA STAFF/E.T・有明本社ショールーム

家族構成/夫、妻、子ども

住まい/神奈川県横浜市

間取り/マンション・3LDK

 

お気に入りのソファが引立つように、周辺のアイテムを明るめの色でコーディネートしたT邸のインテリアは家族全員が心地よく過ごせるようにさまざまなこだわりが詰まっています。デンマークブランドのファブリックソファは変形タイプにし、一人ひとりが好きな位置に座れるようにしたそうです。ソファ周りに合わせたファー素材のブランケットや毛足の長いラグは触り心地がよく、のんびりごろごろするのにも最適です。白木で統一したダイニングテーブルやサイドボードなどは木材そのものの質感を楽しむことができ、使うほどに味わいが増していくのも気に入っているそうです。「北欧テイスト」というひとつのテーマに沿ってコーディネートされたインテリアはさまざまな素材を取入れつつもまとまりのある空間に仕上がっています。テクスチャーが際立つ素材を使ったアイテムを随所にちりばめ、見ても触っても心地よい空間は家族で過ごす時間をより一層充実したものにしてくれそうです。

インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

大塚家具のインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。

ページTOPへ戻る