50年にわたりドイツで培われたトップブランドのものづくりの魂が宿る

「ドイツ品質 × 北欧カジュアル」新作ソファが登場

IDC大塚家具全店で販売開始

フライシュティール ロルフベンツ model.162

*写真はイメージです。
 サイズが異なります。

フライシュティール ロルフベンツ model.162

オーク材ナチュラル色の脚で北欧・カジュアルラインを意識し、トレンドのコンビ張り(ソファ本体と背クッション)を採用。ドイツ製でありながら、座面高は日本仕様の40センチになっています。ソファ本体と背クッションが別売なので、写真のようなコンビ張りのほかにも同一色で揃えることも可能です。

フライシュティール ロルフベンツ model.175

*写真はイメージです。
 クッションは付属いたしません。

ロルフベンツがこだわる座り心地の良さを実現する傾斜した座 面設計。単品でも組み合わせても使えるユニットソファとして片肘ソファとしてやコーナータイプソファとしても選択できる商品展開。さらに圧迫感のないロースタイルのデザインで様々な空間にフィットするモデルです。

フライシュティール ロルフベンツ model.175

デザイナー

アンダース・ノルガード

1958年デンマークのセナボー生まれ。幼少の頃よりハンス J. ウエグナーなどの優れたデザイナーの影響を受けて育つ。1989年にオーフスの建築学校を卒業後、デザインオフィスを構える。北欧らしい温かみのあるデザインの家具、小物などを中心に手掛けている。

ブランド

世界に誇るクオリティと洗練されたカジュアルモダンスタイルの融合

世界を魅了するドイツの有名ブランド「ロルフベンツ」のセカンドラインとして展開されている「フライシュティール ロルフベンツ」。ロルフベンツと同じ工場で生産され、高い品質を誇りながらも、布、革の素材や構造を見直し、低コストでの生産を実現。スタイリッシュで高品質なソファを気軽に取り入れられるように開発されています。

展示状況、お取扱いなど、詳細は店舗までお問い合わせください。 model.162の詳細はこちら model.175の詳細はこちら