ソファ

大塚家具の人気ソファはもちろん、カウチソファや機能付きソファなどをレザーやファブリックなどの素材と共にそれぞれの特徴を踏まえてご紹介いたします。

理想のくつろぎ空間を

ソファのメイン画像

自宅でリラックスできるリビングの必須アイテム「ソファ」。デザインや素材によってくつろぎ方も変わってきます。理想のソファを選ぶことで毎日がより楽しくなります。オンラインでもご購入いただける、大塚家具おすすめのソファをご紹介いたします。

ソファは7,800種類以上取り扱っております

  • ※表記の数量は2020年1月10日現在の主要取扱数となります。

デザイン

形やサイズなどお部屋にあったソファを選ぶことがポイント。

3人掛けソファ

3人掛けソファ

サイズ:約1800~2300mm
一番オーソドックスなデザインのソファ。2~3人で座ることのできるソファで近年では3人掛けソファのサイズでシートが2つになっているものも多く、2人でゆったり座る為のソファもご用意がございます。

2人掛けソファ

2人掛けソファ

サイズ:約1200~1800mm
コンパクトで収まりのよいソファ。限りのあるお部屋でもゆったりとお過ごししたい方におすすめのソファです。アームも細身のものが多いので、シートに狭い印象を与えません。

1人掛けソファ

1人掛けソファ

サイズ:約650~1200mm
自分だけの空間を楽しむソファ。読書や映画など至福の時間をより楽しみたい方へおすすめのソファ。ご夫婦でそれぞれ好みの1脚をお選びいただくのも素敵です。

カウチソファ

カウチソファ

サイズ:約1800~2800mm
L字になったデザインが特徴的なソファ。脚を伸ばしてくつろぐことのできる分、奥行きも必要となりご購入の際はサイズとカウチの向きの確認が重要です。最近では、カウチの向きを変えられるフレキシブルなタイプもございます。

コーナーソファ

コーナーソファ

サイズ:約1700~
人がたくさん座ることのできるソファ。コーナーソファはアームレスソファを足すことでいくらでも大きくすることも可能なものも多くあります。また、お食事もできソファとしてくつろぐことも可能なリビングダイニング兼用ソファもございます。

素材

ソファの張り地は革・布・合成皮革などの種類があり、それぞれの特長を理解することが重要です。
ソファを選ぶことがポイント。

布張りソファ

布張りソファ

お部屋にやさしい印象を与える布張りソファ。生地によって肌触りは様々です。お子様やペットを飼っている方には汚れてもクリーニング可能なカバーリングタイプのソファがおすすめです。その他にも撥水加工が施された生地などもございます。

革張りソファ

革張りソファ

使うごとに肌に馴染む本革張りソファ。革の厚みや染め方によって質感が変わります。例えば大人の牛革はごつごつとした厚みがあり、硬さもあります。一方、若い牛革の場合はしっとりとした質感で柔らかくなります。また、本革は定期的なお手入れをすることでより良い質感を保ち続けることができます。

合成皮革

合成皮革

本革のような見た目でありながら本革よりもお求め易い価格が魅力的な合成皮革張りソファ。お手入れも非常に簡単です。一方で、劣化も本革にくらべ早い為お引越しが多い方などにおすすめのソファです。

機能付き

生活をより快適に過ごす為に背もたれを倒すことができたり、簡易的なベッドになるものなどがございます。
変形する分、変形後のサイズも把握することが重要です。

リクライニングソファ

リクライニングソファ

リクライニングソファは手動式のものと電動式のものがございます。電動式のリクライニングソファは自分の好みに合わせてリクライニングできるのでより快適にくつろぐことができます。
※電動式の場合はコンセントの位置とコードを通す場所を確認しましょう。

ソファベッド

ソファベッド

普段使う際はソファとして活用でき、仮眠を取ったり、ご友人などが泊まる際の簡易的なベッドとして活用できます。

リクライニングチェア

リクライニングチェア

1人でゆったりと自分だけの時間を楽しみたい方におすすめのチェア。リクライニングソファ同様、手動式と電動式のものがございます。

その他関連商品

ソファがより快適な空間になる為の関連商品。

オットマン

オットマン

ソファに座って脚を伸ばす際の足置き。また、持ち運びも比較的に簡単なので1人でちょっと座ったり、お客様が来た際の自分用のスツール代わりにもなり1つあるだけでとても便利な一品です。

ヘッドレスト

ヘッドレスト

ローバックのソファにヘッドレストをつけてあげることで頭や首をサポートしてくれます。ヘッドレストをつけるだけでソファがよりリラックスできる空間になります。※基本的に同シリーズのみの対応となります。

クッション

クッション

クッションを背中に当てたり、抱きかかえることでより快適になることはもちろんのことお部屋のアクセントとしても重宝します。お部屋の雰囲気を少し変えたい方はクッションから変えてみてはいかかでしょう。

クリーナー

クリーナー

布・革製のソファは使っていくと知らず知らずのうちに汚れていきます。半年~年に一度はお手入れをすることでより長くお気に入りのソファが買ったときの状態を保ってくれます。

ピックアップ

大塚家具で人気のおすすめソファ。

ソファ「ベルク」

ベルクのイメージ画像

しっかりとしたホールド感が心地よいドイツ製ソファです。すっきりと開放的な脚下で、ハイバックながら圧迫感を軽減したデザイン。日本の生活スタイルや体型に合わせた設計により、立ったり座ったりという動作もスムーズです。

ソファ「オースチン」

オースチンのイメージ画像

ボリュームのある背もたれと肘かけ、クッションがしっかりとフィットし体を優しく包み込んでくれるソファ。脚がハイタイプとロータイプの2種類、各2色から選べます

プレミアムブランド

大塚家具では世界中の有名ブランドソファを取り寄せております。
細部までこだわって作られたソファはどれも一級品です。

ポルトローナ・フラウPoltrona Frau

ポルトローナ・フラウのイメージ画像

1912年にイタリアのトリノで創業したポルトローナ・フラウ社。職人の手によりつくられる上質な家具はイタリア中に知れ渡り、1926年にイタリア王室に御用達の指名を受けました。それ以来、ステイタスシンボルとしての地位を確立しています。

ロルフベンツROLF BENZ

ロルフベンツのイメージ画像

ドイツの工業規格にのっとりながら、自社でさらに厳格な製品基準を設定し、その高いクオリティを維持しているロルフベンツ社のソファ。全てのソファは、硬さの異なるクッション材を重ねていく、多層構造となっており、一つひとつ丁寧な手作業でドイツ本社工場にて製造されています。

インテリア選びのヒント

  • ソファの選び方

    デザインは大切な要素ですが、座り心地や張り地選びなどソファを選ぶ際には大切なポイントがあります。

  • 家具にも使用される人気の皮革

    ソファやイスの張り地に使われることの多い憧れの素材。加工法による質感の違いなどを紹介します。

  • 家具のスタイルの違い

    知れば想いが深まる、家具デザインの変遷やスタイル、デザイナーたちについてご紹介します。

イベント&フェア