ミース・ファン・デル・ローエ

Mies Van Der Rohe

ミース・ファン・デル・ローエ

ドイツ 1886年~1969年
「神は細部にあり」という有名な言葉を残したドイツ生まれのアメリカの建築家で、四大巨匠のひとりとされる。
1896年から1899年まで石工業の父を手伝いながら、アーヘンのカテドラル付属学校に学び、1908年から1911年にかけては、ペータ・ベーレンスの事務所で、ル・コルビュジェやグロピウスと共に働く。
1930年からはバウハウスの校長をつとめ、1938年にアーマー工科大学の誘いを受けてアメリカに亡命する。