フィリップ・スタルク

Philippe Starck

フィリップ・スタルク

フランス 1949年~
パリ装飾美術学校で学んだ後、ピエール・カルダンのスタジオでアートディレクターを務める。
カフェ「コスト」の内装で注目を浴び、アレッシィのレモン絞り器は初の代表作。
カフェ、レストランをはじめ、家具、時計、シューズなど数多くのプロダクトをデザイン。
現在、最も多忙なデザイナーと言っても過言ではない。