ヨーゼフ・ホフマン

Josef Hoffmann

ヨーゼフ・ホフマン

チェコ 1870年~1956年
グスタフ・クリムトとともにウィーン分離派の創設者の一人。
1903年 ウィーン工房<wienerwerkstalte>を設立。
デザインにおける進歩的な概念の確立と普及に重要な役割を果たす。建築から家具や食器に至るまで数多くの作品を生み出し、次世代の建築家たちに大きな影響を与えた。