マティアス・ホフマン

Mathias Hoffmann

マティアス・ホフマン

ドイツ 1954年~
テキスタイルデザイナーの息子として、早くからこの業界と関係があった。
1971年 ロルフベンツのジュニアデザイナーとして働き始め、ロルフベンツの家具イメージをつくりあげる。
1980年 チュービンゲンの町にデザインオフィスをもち独立。
対照的な部材を調和させ、微妙なディティールとフォームで作り上げるのが、マティアス・ホフマン流である。