のびのびと勉強に励める“天然木”の学習デスク

大塚家具が取り扱う人気の学習デスクの数々。ひとえに“学習デスク”と言っても、製品によって使い勝手やデザインはそれぞれ違います。無垢材ならではのぬくもりを味わえるタイプや、フレキシブルにかたちを変えて使えるタイプなど、今注目されている学習デスクをご紹介いたします。

2019/03/15

角のないやさしいカタチがここちいい

学習デスクをお部屋にレイアウトする時、頭を悩ませるのがそのサイズです。
お子さまがデスクに向かって勉強しやすいように、奥行きが深くどっしりしているデザインが主流ですが、お部屋に置いた時の圧迫感が気になるところです。

小学生から大学生・大人まで使用することを考えると、見た目もなるべくスッキリしているデスクを選びたいですね。


このデスクの天板は角がなく、アシンメトリーな形状をしています。
天然木の素材を最大限にいかしたこのデザインは、圧迫感がなくどんなお部屋に置いてもなじみます。
また、フックと2口コンセントは左右どちらにでも取り付けられるので、ゆくゆくレイアウトを変更する時も助かります。

“共木”を使用した引出し

引出しの前板は共木(=ひとつの木材で引出しの左右を製造)を使用しているので、左右の前板の木目がキレイにつながります。
流れるような木目の美しさは共木だからこそ表現できます。
また、この引出しはA4サイズのファイルも収納できるので、収納力はたっぷりあります。

足もとの空いたスペースも賢く収納に

いろいろな科目の教科書やノートで、すぐにデスクの上は物で溢れ返ります。
そんな時のために足もとのスペースも有効に使えると、いつもデスクの上が整頓されて
勉強に励む意欲が増してきます。

この学習デスクは足元にシェルフを付けることができるので、省スペースで
圧迫感を与えずに賢く収納することができます。


デスクに合わせてチェアも快適に

身体を椅子に預けて長時間集中するために、椅子のデザインや機能にもこだわりたいですね。
この学習椅子は、お子様の成長に合わせてシートと足かけの高さがそれぞれ調節できます。
座面が下がるにつれて奥行きが広がるので、大きくなっても正しい姿勢で座れます。
また、シート下に鞄などを収納できるスペースを確保しています。

ITEM INFORMATION

~受注生産品~飛騨産業 デスク「フォー・エッセイ」

角がなくやさしい形状の天板は、圧迫感がなくどんな空間に置いてもなじみます。また、左右どちらにで…

商品詳細を見る
インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

大塚家具のインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。

ページTOPへ戻る