ファブリックの柄や素材感を活かすシェードバリエーション

日差しの変化でさまざまな表情を見せるカーテンは、1枚で空間の雰囲気をがらりと変えてくれます。それだけでなく、クッションやテーブルウェアなどをプラスすることで何気ない日常に彩りを添えてくれることでしょう。心地よい住まいづくりに欠かせないファブリックは、まさにインテリアの名脇役。素材や柄、スタイルなどさまざまなファブリックであなただけのコーディネートを叶えましょう。

2019/04/13

カーテン生地を使い、コードの操作で上下に昇降させるシェード。レギュラーカーテンのようにヒダが寄らないので生地の柄を楽しむことができ、昇降で光を調整することも。さまざまな窓サイズに対応可能なスタイルです。

ツインシェード

1台の器具で前後2枚の生地をそれぞれ昇降できるタイプ。より細やかに光の調整をしたい場合におすすめです。前幕・後幕をそれぞれシャープシェードとプレーンシェードから選ぶことができます。

シャープシェード

ファブリックの裏側に等間隔にアクリルのバーを入れたタイプ。直線的なラインを強調したデザインは、スマートでモダンな印象です。

プレーンシェード

フラットな生地を柔らかくたたみ上げる、最もシンプルなタイプです。生地の持つ素材感や風合い、柄が映えるスタイルです。

インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

大塚家具のインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。

ページTOPへ戻る