インテリアで叶える理想の新生活【ベッドルーム編】

爽やかな目覚めを迎えるベッド。食事や会話を楽しむダイニング。からだを委ねてくつろぐソファ。これから始まる特別な“ふたりの暮らし”にぴったりのインテリアを見つけましょう。

2019/04/17

一生のうちの3分の1を過ごす場所

毎日を楽しく幸せに過ごすために必要なのが快適な睡眠。
だからこそ自分の身体にフィットして、心から休息できるベッドを選びたいもの。
じっくりと時間をかけて最高の寝室をつくりましょう。
また、衣類収納や照明選びも忘れずに計画しておきましょう。

「寝る場所」を"くつろぎの空間"に

①寝室でもリビングでも

脚付きで北欧テイストのチェストは、ナチュラルな質感とシンプルなデザインでリビングに置いても◎

ITEM INFORMATION

ローチェスト モカ 120 ホワイトオーク

商品詳細を見る

ユーズド感のある質感がたまらない

ウォールナット材を贅沢に使用したシンプルなデザインのベッドなら、寝室もふたりのこだわりが感じられる空間に。

ITEM INFORMATION

ベッドフレーム ノブルB 薄型宮付/引出無タイプ

商品詳細を見る

「ベッドは2台派」におすすめのデザイン

ルーバーのヘッドボードがスタイリッシュなフレーム。シンプルなデザインなので2台並べてもぴったり置けます。

ITEM INFORMATION

ベッドフレーム ノブルC 宮付 H/Lタイプ 

脚の取り外しが可能で、マットレスの厚みによって、高さを2段階で調節できます。(ヘッドボードの高…

商品詳細を見る

持ち運べるあかり

コードレスで好きな場所へいつでもどこでも持ち運べるので、災害時やアウトドアでも大活躍。

ITEM INFORMATION

テーブルスタンド MRS-FOLLOW ME

USBで充電できるので、コンセントのない環境でも使用できるのが、最大の特徴です。ベッドサイドは…

商品詳細を見る

身体に合ったベッドで朝までぐっすり眠りたい

ベッドフレームでも寝心地は変わる

■ポピュラーなレッグタイプ
4本脚のレッグタイプは通気性もよく、ほとんどのシリーズで展開されているので選択肢も多い。マットレスの置く部分はスノコやウッドスプリングなどシリーズによって違うので寝心地もチェック。

■収納付きでベッド下も有効活用
収納タイプは出し入れしやすい引出し式と大容量の跳ね上げ式の2種類。何を収納するのか、どれくらいの頻度で使うのかによって形状を選びましょう。引出し式の場合は、部屋の広さと引きしろも考えて。

■寝心地重視のダブルクッションタイプ
多くのホテルでも採用されている寝心地と耐久性を重視したダブルクッションタイプは、通気性もよく衛生面でも安心して使います。ベッド下の収納が必要なければ迷わずこのタイプ。

インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

大塚家具のインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。

ページTOPへ戻る