インテリアのはなし インテリアのはなし

インテリアのお役立ち情報をお届け

3人掛け用おすすめソファ12選

ソファは部屋を彩るインテリアとしての役割もありつつ、やはり快適に過ごすうえで必須と言っても過言ではないアイテムです。

 

さまざまなデザインやサイズがあるなかでも、最もオーソドックスといえるものが3人掛け用ソファになります。

 

そこで今回は、3人掛け用ソファの選び方や購入する際の注意点、あわせておすすめ商品をピックアップし紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

2020/10/27

3人掛けソファの選び方

まずは、3人掛け用ソファの選び方について見ていきましょう。

部屋に合わせたサイズ感で選ぶ

3人掛けソファを購入するにあたり、まずは部屋に合った大きさの商品を選ぶことを意識しましょう。

 

オーソドックスな大きさのソファではありますが、1人掛けや2人掛けに比べると大きいため、サイズ選びを間違うと部屋に圧迫感が生まれます。動線も確保できるよう、部屋の広さとのバランスを考慮しつつ選ぶようにしましょう。

シートの数で選ぶ

3人掛けソファを選ぶ際、ゆったりと座るためにはシートの数にも目を向けましょう。シートの数は3分割や2分割、あるいは分かれていないものなどさまざまです。

 

分割されていると、その部分の凹みが気になるという人もいるでしょう。そういった場合は、分かれていないフラットなタイプがおすすめです。

 

一方で、シートが分かれている方が座る人同士の間隔が取りやすいというメリットもあります。

素材・色で選ぶ

ソファは布や革など、素材の違いによって部屋の印象を大きく左右します。高級感のある部屋にしたい場合は革製品を、カジュアルな雰囲気にしたい場合は布製品という選び方もおすすめです。

 

また、色も部屋の印象を大きく変える要素なので、ソファを選ぶ際は意識してください。多くの色から選びたい場合は、布を使ったソファの方がパターンが豊富なため好みのものに出会いやすいでしょう。

活用シーン・目的をイメージして選ぶ

3人掛けソファだけに限らず、何を目的としてソファを置くかを購入前に決めておくと、スムーズに選ぶことができます。

 

読書をする・映画を観る・ゴロゴロと寝転ぶなどさまざまな用途がありますが、それによって選ぶソファの形は変わってきます。

 

例えば、横になりたい場合は肘掛の低い、もしくは肘掛が無いタイプにするなど、どういった使い方をしたいかをイメージしておきましょう。

クッション性で選ぶ

ソファのクッション性は、座り心地に大きく関係します。使っているコイルなど内部構造によって変わってきますので、デザインや色など見た目とともにチェックしておいてください。

3人掛けソファを選ぶ際の注意点

ここからは、3人掛けソファを購入するにあたり、注意すべきポイントについて見ていきましょう。

設置できるサイズであるか

いくらデザインが気に入ったとしても、結局部屋に設置できなければ意味がありません。選び方でもあった通り、購入前は必ず部屋に設置できる大きさかを調べておきましょう。

 

部屋の大部分がソファで埋まってしまい移動がしにくく、空間を圧迫しているなどは暮らしの快適性を損なうことに繋がります。

搬入経路の確認

見逃しがちなポイントとして、ソファを搬入する際に玄関や階段・廊下・リビングのドアなどを通る大きさかどうかを把握しておくことは重要です。

 

部屋には十分設置できる、デザインも良いなど自分好みのソファに出会えたとしても、搬入経路が確保できていなければ設置ができません。

 

玄関・設置する部屋までの廊下など、運び込む際に問題が生じないよう事前に計測しておきましょう。

おすすめの3人掛けソファ12選

ここからは、3人掛けソファを布・革と素材別に分け、おすすめ商品を紹介していきます。ぜひ、商品選びの参考にしてください。

布のおすすめ商品

「イブ」

背もたれに弾力性がある人気商品で、座り心地の良い点が評価されています。座面の幅が確保されているためくつろぎやすく、ポケットコイルを採用しているためクッション性にも優れているのが特徴です。サポート力も高いため、座るだけでなく横になっても快適に過ごせます。

 

また、デザインもシンプルなのでさまざまな部屋に合わせやすく、カラーも大人っぽさを感じさせるボルドーであることから、おしゃれな部屋にするうえで非常に使いやすいです。肘掛部分もスリムなのでスタイリッシュな雰囲気となり、存在感がありながら軽やかさも感じさせます。

 

【スペック情報】
商品名:「イブ」
サイズ(単位:mm)
本体:幅1850×奥行850×高さ820
座面高:430
張り地:布
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

 

「ポーター」

「ポーター」は空間を有効活用できる商品として人気があります。ソファとしてはもちろん、ベンチシートとしても使えますので用途の広さが特徴です。背もたれが高くないため部屋に圧迫感を与えず、広々とした雰囲気にしてくれます。

 

ベンチは固定金具を取り外すことで移動ができるため、気分やその時の間取りに合わせて変更可能です。また、カバー仕様になっているので手入れが楽で、衛生面にこだわりたい人にもおすすめです。リビング・ダイニングで大活躍してくれるソファになります。

 

【スペック情報】
商品名:「ポーター」
サイズ(単位:mm)
本体:幅1950×奥行1200(ベンチ入れて1600)×高さ630
座面高:430
ベンチ小:幅1200×奥行360×高さ445
ベンチ大:幅1600×奥行360×高さ445
張り地:布
中材:ウレタンフォーム、ライトウェーブ(ポリエチレン100%)
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

 

「シネマN3」

「シネマN3」は軽やかな印象のファブリックソファで、コンパクトな設計なのでスペースが限られている部屋にも設置しやすいです。背中部分にはベルトが付いていますので簡単に取り外せるのが特徴で、カバーを変えることで印象をガラっと変えられます。

 

また、肘置きなど外枠については自然の杢目を活かしていることから、販売されているアイテム毎に見た目が異なりますのでこだわって選んでみましょう。座クッションの下にはウェイビングテープを貼っていますので、クッション性の高さはもちろん耐久性にも優れている点も人気の理由です。

 

【スペック情報】
商品名:「シネマN3」
サイズ(単位:mm)
本体:幅1600×奥行740×高さ820
座面高:420
張り地:布
クッション材:ウレタンフォーム、ウェイビングテープ
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

 

「CAS-D」

「CAS-D」は、コンパクトでありながら肘掛が低く作られているため、ゆったりと寝転がることが可能なソファです。くつろげるソファをお探しの人におすすめで、クッション性もあるため快適に過ごせます。

 

デザインはシンプルでさまざまな部屋のタイプに合わせやすく、かつ北欧モダンな雰囲気はおしゃれ度も高いです。布カバーは取り外してクリーニングに出せるため、衛生面への配慮も抜群です。脚部分は高さもありますので、ソファ下の掃除楽にできます。

 

【スペック情報】
商品名:「CAS-D」
サイズ(単位:mm)
本体:幅1800×奥行820×高さ780
座面高:400
張り地:布
クッション材:ウレタンフォーム、ポリエステル樹脂綿、ウェイビングテープ
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

 

「ベラ」

シンプルかつモダンな雰囲気があるソファです。座面にS字スプリングが入っているため、座り心地の良さとサポート力を兼ね備えています。また、耐久性にも優れているのが特徴で、見た目からは感じさせない高性能な点も人気の理由です。

 

また、重圧感を軽減するために脚部分は金属製のフレームを使っています。さらに背もたれ部分に角度がついていることで、もたれかかったときに絶妙なフィット感をもたらせてくれます。肘部分の高さもないため、横になってくつろぐことも可能です。

 

【スペック情報】
商品名:「ベラ」
サイズ(単位:mm)
本体:幅2230×奥行930×高さ900
座面高:430
張り地:布
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

 

「S-3954」

「S-3954」は、すっきりとした見た目でシンプルなデザインが特徴です。さまざまな部屋のタイプに合わせやすく、落ち着いた濃いめのブルーがクールな印象を与えてくれます。フレームにはナラ無垢材・座面にはライトウェーブを使用しています。

 

そのため、通気性と耐久性に優れており、快適に使えるのが人気の理由のひとつです。また、布製のソファですがラムース生地を採用しており、ひっかき傷に強いためペットが入る家庭にもおすすめ。水洗いにも対応しているため、汚れても手入れが簡単です。

 

【スペック情報】
商品名:「S-3954」
サイズ(単位:mm)
本体:幅1670×奥行770×高さ785
座面高:420
張り地:布
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

 

「ヨーク」

「ヨーク」は見た目が上品で、部屋に置くだけでおしゃれな海外風の空間にできる人気商品です。優れた家具メーカーを意味するギルドマークが与えられたイギリスのアートフォーマー社のソファで、アームに打ち込まれた鋲は一本ずつ手打ちで打ち込まれています。

 

まるで包み込まれるような座り心地で、形が体のラインに沿っていることから高い快適性を誇ります。日本人の体型・住宅に合わせた作りになっている点も魅力的です。ファブリック柄も個性があり、部屋を華やかに彩ってくれます。

 

【スペック情報】
商品名:「ヨーク」
サイズ(単位:mm)
本体:幅1920×奥行930×高さ870
座面高:430
張り地:布
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

革のおすすめ商品

「ベローナ2」

「ベローナ2」は肘掛部分が低く作られていますので、横になって過ごしやすい仕様となっています。肘掛部分を枕のようにして横になると非常に快適です。また、背もたれも低めに設定されていますので、部屋に設置した際圧迫感を与えません。

 

レザーで高級感がありますので、部屋を大人っぽい雰囲気に仕上げたいときにもおすすめのソファです。また、汚れが付きにくい張り地なので、手入れが簡単な点も人気に繋がっています。脚部分が高めに作られているので、ソファ下部分の掃除も楽にできます。

 

【スペック情報】
商品名:「ベローナ2」
サイズ(単位:mm)
本体:幅1910×奥行890×高さ820
座面高:410
張り地:合成皮革
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

 

「ルーニー」

「ルーニー」は快適な座り心地にこだわった商品で、ハイバックタイプの革張りとなります。体をしっかりと包み込んでくれるため、リラックスしながらソファでのんびり過ごしたい人に最適です。背もたれには弾力性のあるクッションが使用されています。

 

また、肘掛はロータイプなので座るだけでなく寝転がった時に枕としても活用できます。高級感がある本革を使っていますので、部屋に置くだけでグレードの高い空間を演出できるでしょう。キャメル色が上品さも感じさせる、大人っぽいソファです。

 

【スペック情報】
商品名:「ルーニー」
サイズ(単位:mm)
本体:幅1980×奥行930×高さ950
座面高:430
張り地:半革
構造:S字スプリング、ポケットコイルスプリング、ウェービングテープ
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

 

「L/S-VINTAGE-43」

「L/S-VINTAGE-43」はヴィンテージスタイルのデザインをした、大人っぽさのなかに気品を感じさせるソファです。本革を使っていて、そのなかでも質問の良いセミアニリン染めの皮革を採用しています。きちんと手入れをすることで、革ならではの味がある見た目になるのが特徴です。

 

また、座面は奥行きがあるため座りやすく、深く腰かけてのんびりと過ごすには最適です。肘掛となる部分はすっきりとしているため、重厚感だけでなくスタイリッシュな雰囲気も感じさせます。脚部分に高さがあるので、掃除もしやすい点が評価されています。

 

【スペック情報】
商品名:「L/S-VINTAGE-43」
サイズ(単位:mm)
本体:幅2160×奥行920×高さ820
座面高:430
張り地:革
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

 

「L/S STYLISH-37」

「L/S STYLISH-37」は、洗練されたリビング空間を演出するソファとして人気を集めています。大塚家具のオリジナルブランドの商品であり、ブランドの集大成として10周年記念モデルとして登場したソファです。高級感のある見た目は、部屋をおしゃれかつ上品にしてくれます。

 

座面にはS字スプリング、そして背もたれにウェイビングテープを使用していますので、腰かけた際に絶妙な弾力性があります。また、高級車の革張りシートにも使われているものを張り地に採用しており、肌触りも柔らかい感触で気持ち良いです。

 

【スペック情報】
商品名:「L/S STYLISH-37」
サイズ(単位:mm)
本体:幅2080×奥行940×高さ780
座面高:410
張り地:革
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

 

PoltronaFrau(ポルトローナ・フラウ)ソファ「アントン」

PoltronaFrau(ポルトローナ・フラウ)ソファ「アントン」は、高級感がある見た目とワイドなデザインが特徴です。イタリアで1912年に設立された老舗メーカーの商品で、最高級の革を使っているのが特徴です。

 

座面は非常に柔らかく、ソファ自体が体を包み込んでくれるような座り心地は高い快適性を誇ります。背中部分はグースダウンとポリエステルファイバーをミックスした素材が使用されており、クッション性が抜群に良いです。

 

【スペック情報】
商品名:PoltronaFrau(ポルトローナ・フラウ)ソファ「アントン」
サイズ(単位:mm)
本体:幅2200×奥行970×高さ870
座面高:400
張り地:革
最新の価格は商品ページにてご確認いただけます。

インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

大塚家具のインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。

ページTOPへ戻る