絵画のフレームがモチーフのオープンシェルフ「KODフレーム」

留め加工を採用

絵画のフレームをモチーフにした存在感のあるオープンシェルフ「KODフレーム」。
フレームの四隅は、高度な木工技術の一つである「留め加工」を採用。強度も強く、見た目にもすっきりとした美しい仕上りです。

高いデザイン性と存在感

「シェルフ」という概念ではなく、「1つの作品」をお部屋に置くというイメージで、インテリアをモダンに演出します。

デザイナー「KEN OKUYAMA」

奥山 清行
1959年 山形市生まれ。
ゼネラルモーターズ社(米)チーフデザイナー、ポルシェ社(独)シニアデザイナー、ピニンファリーナ社(伊)デザインディレクター、フェラーリエンツォ、マセラティクアトロポルテなどの自動車やドゥカティなどのオートバイ、船舶、建築、ロボット、テーマパーク等のデザインを手掛ける。
◆2007年よりKEN OKUYAMA DESIGN代表として、山形・東京・ロサンゼルスを拠点に、自身のブランドによる自動車・インテリアプロダクト・眼鏡の開発から販売までを行う。
◆2012年より大塚家具とインテリアの共同開発を行い、ドミシール社やエルバ社にて家具のデザインを手掛ける。
◆2013年4月 ヤンマーホールディングス取締役に就任。トラクターを始めとするヤンマー製品、秋田新幹線、北陸新幹線、2017年運行開始予定の豪華列車「四季島」など次々に手掛ける。
◆2014年10月 デザインを手掛けたプロダクトを一堂に集めた類のない専門ギャラリーが、共同開発を行うIDC大塚家具の有明本社ショールーム・新宿ショールーム・大阪南港ショールーム内にオープン。

曲木家具をつくり続ける日本唯一の専門工房 秋田木工

100年以上の歴史を持ち、曲木家具をつくり続ける日本唯一の専門工房「秋田木工」。
積み重ねた伝統を守り、熟練した職人達の手によって生み出された曲木家具は、今もその輝きが衰えることはありません。
片手で持てるほど軽量にもかかわらず、堅牢で丈夫、そして比類なき美しいフォルム。
曲木家具は、生活に密着した機能性や実用性、そしてその美しさで、不朽のスタイルとしてその存在感を示し続けています。

スペック情報

~大塚家具 オリジナル商品~
■サイズ(単位:mm)
 幅1500X奥行327X高さ1800
■材質
 ・本体(枠他、棚板以外)ブナ(ビーチ)天然木
■基本色
 ・木部:ウォールナット色(WN)
■表面塗装:ウレタン樹脂塗装(低ホルムアルデヒド仕様)
■その他
 ・棚板サイズ:幅1198X奥行294X厚み20
 ・棚板枚数:5
 ・棚板耐荷重:15kg
■デザイン:Ken Okuyama


秋田木工サイト

>ブランドページへ

KEN OKUYAMA DESIGN

>ブランドページへ

カラーバリエーション

※光の加減やお使いのディスプレイによって色合いが異なって見える場合がございますのでご了承ください。
木部
WN色

※表示の価格は2019年10月1日現在の税込価格です。

※掲載商品の価格、仕様等を変更、または中止する場合がございますのでご了承ください。

※ショールームによって、掲載商品が展示されていない場合がございます。

※商品の色や風合いは、コンピュータディスプレイの性質上、実際とは異なって見える場合がございます。