伝統とモダン、和と洋の融合が美しいダイニングテーブル「TB」

日本の伝統技術が息づく仕上げ

日本の伝統技術が息づく格調高いモダンスタイルのダイニングテーブルの「TB」。脚部は、漆塗りの技法「筋目象谷塗」で仕上げており、その落ち着いた質感が上質な空間を醸し出します。

漆塗りの脚部が魅力

香川漆器に使われている漆塗りの技法「筋目象谷塗」。
下塗りの漆ののちに真菰(まこも)という植物の粉を撒き、最後に拭き漆で仕上げる伝統の技。
家具に採用しているのは森繁のみです。

天板はウレタン塗装

天板は使用頻度が高いため、お手入れしやすいウレタン塗装を施しています。

日本の伝統美を受け継ぐ”美”と”個性”溢れる工房 「森繁」

四国、香川県にある日本を代表する家具ブランド「森繁」は、半世紀以上、漆に携わり伝統工芸士により多くの美しい作品を発表しています。
また、藩政時代から漆器の伝統技法が職人によって伝承され続けており、漆器の技法のうち、「蒟醤、存清、彫漆、後藤塗、象谷塗」が四国では初めて国の伝統的工芸品の指定を受けています。

漆製造の「彫る、塗る、磨く」といった工程で培われた、伝統技術によって生み出す家具は「和」の趣のある個性溢れる存在感を放ちます。
また、和の豊かさに現代の感覚を融合した新しいスタイルのモダンなシリーズも大変人気です。

スペック情報

~大塚家具 オリジナル商品~
■サイズ(単位:mm)
幅1800X奥行900X高さ720

※天板:カバ材

※脚部:筋目象谷塗

※塗装:ウレタン塗装

※表示の価格は2019年3月18日現在の税込価格です。

※掲載商品の価格、仕様等を変更、または中止する場合がございますのでご了承ください。

※ショールームによって、掲載商品が展示されていない場合がございます。

※商品の色や風合いは、コンピュータディスプレイの性質上、実際とは異なって見える場合がございます。