サドルレザーを使った個性的な表情のセンターテーブル「イラリー」革キャメル色

工業デザインからインテリアデザインの分野で幅広く手掛けている「ジャン・マリー・マッソー」がデザイン。

独特な脚の付き方のため脚同士がぶつからず、別のテーブルと組み合わせてのレイアウトが可能です。
コーディネートの幅が広がり、インテリア性の高い空間を演出します。
※写真はイメージです。
※本商品は右の革張りセンターテーブルです。左側は同シリーズのサイドテーブルです。

革とスチールの組合せが都会的な空間を演出します。

1912年にイタリアのトリノで創業したポルトローナ・フラウ社。
職人の手によりつくられる上質な家具はイタリア中に知れ渡り、1926年にイタリア王室に御用達の指名を受けました。それ以来、 ステイタスシンボルとしての地位を確立しています。
ポルトローナ・フラウ社の家具は伝統的な職人技を駆使して生み出されます。
機械に頼らず、熟練の職人の手によっACてつくることにこだわり、伝統技術を守り続ける一方で、現在もさまざまな新モデルを開発するなど、常に将来を見据えて進む姿勢に老舗ブランドの風格が感じられます。

スペック情報

■サイズ(単位:mm)
 幅800X奥行800X高さ450

■材質
・天板:革(saddle extra) キャメル色#Cammelo
・脚:スチール
■デザインナー
 Jean-Marie Massaud
 ジャン・マリ・マッソー

■ブランド
 ポルトローナ・フラウ

■生産国
 イタリア

poltronafrau

>ブランドページへ

※表示の価格は2019年4月17日現在の税込価格です。

※掲載商品の価格、仕様等を変更、または中止する場合がございますのでご了承ください。

※ショールームによって、掲載商品が展示されていない場合がございます。

※商品の色や風合いは、コンピュータディスプレイの性質上、実際とは異なって見える場合がございます。