木とセラミック トップの異素材を組み合わせて素材のトレンドのサイドテーブル「オービットH513」セラミック

 

 

2017年のケルンメッセで発表された作品です。ロナルドシュミットが得意とする機能付きテーブルであり、また、木とセラミックトップの異素材を組み合わせて素材のトレンドを意識したデザインのテーブルです。
※写真はイメージです。

 

 

セラミックは、メンテナンス性と耐久性が高く質感も良いことから近年人気が高まっている素材です。人工素材をガラスの上に張り合わせたものです。
※写真はイメージです。

商品の模様は一点ごとに異なります。

個性的なデザインと一点ものの希少性が魅了的です。

ベースはスチールマット仕上げになります。

~ RONALD SCHMITT DESIGN~

~ RONALD SCHMITT DESIGN~

ロナルドシュミット は、1958 年にドイツのシュトゥットガルトで設立されました。ガラスとメタルなど、異素材を巧みに組み合わせる高度な技術力を背景に、独創的なデザインと優れた機能性を併せ持つテーブルやテレビボードなどを手掛け、世界的に高い評価を得ています。今時の流行を追うことなく、新しいデザインと優れた機能性を取り入れた製品を作り出します。

スペック情報

■サイズ(単位:mm)
 幅500X奥行500X高さ500

  ■材質
・天板:セラミックとガラスを張り合わせ たもの
  ・脚部:ブラックスチールマット仕上げ

  ■デザイナー
   Stefan Veit(ステファン・ベイス)

  ■生産国
   ドイツ

※表示の価格は2019年8月17日現在の税込価格です。

※掲載商品の価格、仕様等を変更、または中止する場合がございますのでご了承ください。

※ショールームによって、掲載商品が展示されていない場合がございます。

※商品の色や風合いは、コンピュータディスプレイの性質上、実際とは異なって見える場合がございます。