上品な大理石と異素材で合わせたサイドテーブル「ボブ」ロータイプ 大理石エンペラドール

 

  

家具業界における世界的なリーディグカンパニー「ポルトローナ・フラウ」社のサイドテーブル「ボブ」。
天板には、大理石(エンペラドール)を使用。
※写真はイメージです。

 

  

同シリーズのハイタイプと一緒に置くとより立体感が出ます。
本商品は写真向かって左のサイドテーブル「ボブ」ロータイプ(幅460x奥行460x高さ430)
写真向かって右は同シリーズのサイドテーブル「ボブ」ハイタイプ(幅460X奥行X460高さ520)

絶妙なバランスのシャープな脚元とラウンド型の天板で上質なリビングルームを演出します。
デザインは世界各地で活躍するデザイナー「ジャン・マリー・マッソー」が手掛けています

 

  

 

  

天然の大理石のため石目は1点1点個体差があり、より愛着のが湧く商品です。

 

  

※天然素材の為、石目は1点1点異なります。

 

 

支柱部分にはアクセントとして革が巻いてあります。

 

 

 

 

 

 

1912年にイタリアのトリノで創業したポルトローナ・フラウ社。
職人の手によりつくられる上質な家具はイタリア中に知れ渡り、1926年にイタリア王室に御用達の指名を受けました。それ以来、 ステイタスシンボルとしての地位を確立しています。
ポルトローナ・フラウ社の家具は伝統的な職人技を駆使して生み出されます。
機械に頼らず、熟練の職人の手によってつくることにこだわり、伝統技術を守り続ける一方で、現在もさまざまな新モデルを開発するなど、常に将来を見据えて進む姿勢に老舗ブランドの風格が感じられます。

スペック情報

■サイズ(単位:mm)
 幅460X奥行X460高さ520

■材質
 天板:大理石(エンペラドール)
 脚:スチール、革(Pelle Frau) ネイビー色#SC240 Oltremare
・セミアニリン染め

■塗装
 ポリエステル塗装

■重量:13kg

■デザインナー
 ジャン・マリ・マッソー
フランス 1966年~
1990年 パリにあるENSCI(国立創作工業高等大学)を卒業。
アジアとフランスを拠点に活動。
1994年 パリで自身の事務所を設立。
主にヨーロッパや日本の企業で、工業デザイン、インテリアデザインの分野で活躍。
様々な国の美術館で、作品が永久展示品に選ばれている。

■ブランド
 ポルトローナ・フラウ

■生産国
 イタリア

※表示の価格は2019年4月20日現在の税込価格です。

※掲載商品の価格、仕様等を変更、または中止する場合がございますのでご了承ください。

※ショールームによって、掲載商品が展示されていない場合がございます。

※商品の色や風合いは、コンピュータディスプレイの性質上、実際とは異なって見える場合がございます。