0
ご利用ガイド

N・N

ROLF BENZ TOKYO

2022-06-12

「人が寛げるように」と考え抜かれたラグジュアリーモデル

本体は重厚感がありながらもレッグはまるで浮いているような軽やかなデザインが施されています。そして最大の魅力は見た目の高級感だけではなく、身体にフィットするように設計されたシートクッションや2段階で高さ調節が可能な背もたれにより実現された座り心地の良さです。「人が寛げるように」と考え抜かれた6500は、エレガントでありながら機能性も兼ね備え、ドイツの技術力と高品質が詰め込まれたドイツ製品らしい、ラグジュアリーモデルです。

ROLF BENZ(ロルフベンツ)アームチェア 「6500」 革ブラック色

このスタッフのほかのレビュー

2022-07-26

ROLF BENZ(ロルフベンツ)サイドテーブル「to go 942 」丸38cm グレー色

ロルフベンツ

丸テーブルですが横から見ると・・・

シンプルなデザインですが、スチールフレームは見る方向により樽型に見えたりくびれて見えたりします。また丸と縦ラインを組み合わせたフレームは繊細さを感じさせ、シンプルながらも視線を惹きつけるサイドテーブルです。軽やかで抜け感があるのでコンパクトなお部屋に置いても圧迫感がありません。

2022-06-12

ROLF BENZ(ロルフベンツ)アームチェア「394-16」革ライトベージュグレー色

ロルフベンツ

独り占めしたくなるような掛け心地

ふっくらとしたシートと軽やかなスチールレッグからはエレガントさが感じられ、「座ってみたい」と思わせるルックスです。シートクッションは適度に柔らかく、身体にフィットし独り占めしたくなるような掛け心地です。ソファと一緒に合わせて置くのはもちろん、寝室や書斎などに単体として置くのもおすすめです。

2022-06-12

ROLF BENZ(ロルフベンツ)ソファ「プルーラ」革ブラック色

ロルフベンツ

まるでパーソナルチェアのようなソファ

まるでデザイン性のあるソファのように見えますが、背もたれはハイバックに可動でき、お好きな角度に調整できるリクライニング機能(30度まで)もついています。そして座面部分も90度回転させることができ、アームの部分を伸ばすとフットレストになります。ドイツの技術力が集結した、実用性、快適性、機能性を兼ね備えたソファモデルです。2シートどちらも個々に可動するので、お使いになる方の気分に合わせて形を変えられます。リビングだけでなくシアタールームにもおすすめのソファです。

2022-06-12

ROLF BENZ(ロルフベンツ)ラブソファ「6500/182」革 グレー色

ロルフベンツ

最上級の座り心地 「寛げるように」がコンセプトのラグジュアリーモデル

本体は重厚感がありながらもレッグはまるで浮いているような軽やかなデザインが施されています。そして最大の魅力は見た目の高級感だけではなく、身体にフィットするように設計されたシートクッションや2段階で高さ調節が可能な背もたれにより実現された座り心地の良さです。「人が寛げるように」と考え抜かれた6500は、エレガントでありながら機能性も兼ね備え、ドイツの技術力と高品質が詰め込まれたドイツ製品らしい、ラグジュアリーモデルです。

2022-06-12

ROLF BENZ(ロルフベンツ)ラブソファ「6500/182」革 アイボリー色

ロルフベンツ

最上級の座り心地 「寛げるように」がコンセプトのラグジュアリーモデル

本体は重厚感がありながらもレッグはまるで浮いているような軽やかなデザインが施されています。そして最大の魅力は見た目の高級感だけではなく、身体にフィットするように設計されたシートクッションや2段階で高さ調節が可能な背もたれにより実現された座り心地の良さです。「人が寛げるように」と考え抜かれた6500は、エレガントでありながら機能性も兼ね備え、ドイツの技術力と高品質が詰め込まれたドイツ製品らしい、ラグジュアリーモデルです。

2022-06-12

ROLF BENZ(ロルフベンツ)ラブソファ「6500/182」革 ブラック色

ロルフベンツ

「人が寛げるように」と考え抜かれたラグジュアリーモデル

本体は重厚感がありながらもレッグはまるで浮いているような軽やかなデザインが施されています。そして最大の魅力は見た目の高級感だけではなく、身体にフィットするように設計されたシートクッションや2段階で高さ調節が可能な背もたれにより実現された座り心地の良さです。「人が寛げるように」と考え抜かれた6500は、エレガントでありながら機能性も兼ね備え、ドイツの技術力と高品質が詰め込まれたドイツ製品らしい、ラグジュアリーモデルです。

お問い合わせ