0
ご利用ガイド

Y・I

オンラインショップ

2022-07-26

円錐型ベースが美しいダイニングテーブル

円錐型のベースが目を惹くダイニングテーブル。ベースにはサドルレザーが巻かれておりポルトローナ・フラウならではの高級感あふれるデザインです。素材だけではなく丸天板とのフォルムの対比も美しく、コントラスの効いた白色ステッチがレザーの存在感をさりげなく出しています。椅子を引いた際にベースのデザインが目に留まりより魅力を感じていただけると思います。丸天板・一本脚のテーブルは、お部屋のスペースやご用途に合わせて、椅子の配置や脚数に自由度があるのが魅力で、椅子同士の間隔を詰めて配置すれば省スペース化にもなります。丸テーブルはお互いの顔を見ながら団欒しやすく、和やかな時間をお過ごしいただけるので、リビングダイニング兼用やミーティングテーブルとしてお使いいただくのもおすすめです。

PoltronaFrau(ポルトローナ・フラウ)テーブル 「メサドゥーエ」アッシュ材

このスタッフのほかのレビュー

2022-07-26

PoltronaFrau(ポルトローナ・フラウ)シェルフ「ロイド」オーク材ダークブラウン色 革トープ色

ポルトローナ・フラウ

光の陰影を愉しむシェルフ

格子のデザインが作り出す美しい光の陰影が魅力の両面シェルフ。縦桟の幅は大中小あり、ランダムに見えますが規則性をもって絶妙に配置されています。格子の位置を両面でずらすことで光が当たった際に内側に陰影が映ったり、側面も桟になっているので、両サイドからもほのかに光が入ります。シェルフは置く物によってお部屋を素敵にしてくれますが、「ロイド」はシェルフ自体に高いデザイン性があるので、格子の配置のアレンジだけでも空間を演出することができる、他に類のないシェルフです。その日の天候や時間、レイアウトする場所によって表情を変えてくれる、使う人の生活に寄り添ってくれるような素敵な家具です。

2022-07-26

PoltronaFrau(ポルトローナ・フラウ)アームチェア「デッザ」ハイバックタイプ 革ブラック色 座面カウスキン

ポルトローナ・フラウ

『ピレリビル』のデザインからインスピレーションを得たチェア

1965年にジオ・ポンティによりデザインされた「デッザ」。先細になった脚が特徴的ですが、これは彼の最も有名な建築作品『ピレリビル』の細長い六角形のデザインからインスピレーションを得たと言われています。アームやレッグ部分を黒で統一しスリムなフォルムにしたことにより、クッションを囲むフレームのようなイメージで意匠性の高いカウスキンの柄を一層引き立てています。ハイバックの背もたれからアームへと続くなだらかな曲線は、横から見た時にエレガントさを増しています。天然のカウスキンの為、オンリーワンで愛着を持ってお使いいただけるのもおすすめのポイントです。

2022-07-26

PoltronaFrau(ポルトローナ・フラウ)センターテーブル「フィオリーレ」120cm角 アッシュ材ダークブラウン色/革ブラック色

ポルトローナ・フラウ

フォルム・素材の表情の違いを巧みに表現したモデル

コの字型の脚が他にはない洗練されたデザインとなっております。外側のエッジは角ばっていて、内側のエッジは丸みを帯びているデザインは、見る角度により脚の表情の変化を楽しむことができます。また、天板と脚には同じアッシュ材を使用していますが、天板は木目を活かした突板、脚は無垢板を使用しているので、こちらも表情の違いがアクセントになっています。下段の棚板はブラックのレザー張りで高級感があり、見せる収納として使っていただくと素敵です。ポルトローナ・フラウらしい異素材の組み合わせ、機能性とデザイン性の調和が魅力のセンターテーブルです。

2022-07-26

PoltronaFrau(ポルトローナ・フラウ)ダイニングチェア(アーム付き)「アーチボルド」布 ブルーブラウン色

ポルトローナ・フラウ

腕になじむアームのフィット感が魅力

包み込まれるような座り心地と、モダン・クラシックどちらの空間にもマッチするデザイン性の高さが「アーチボルド」シリーズの魅力です。ダイニング用にお使いやすいファブリックの張地は、ミックス糸で表情を豊かにしており高級感もあります。またファブリック張地では難しいと思われる背もたれのドレープも、見事に再現されています。座った時に印象的だったのは背中周りのフィット感とアーム部分で、自然と腕がアームにフィットし楽な姿勢を保てました。座面高は49cmあり、ブランド内のダイニングチェアの中では2~4cm程高めのサイズになります。座面高のあるダイニングチェアをお探しの方にもおすすめのモデルです。

2022-07-26

PoltronaFrau(ポルトローナ・フラウ)サイドテーブル「レン」革キャメル色 ウォールナット材

ポルトローナ・フラウ

ホッとするサイドテーブル

コンパクトサイズ・丸トレイの温かみのあるデザインで、置く場所を選ばず幅広い用途でお使いいただけます。真鍮の装飾がアクセントとなり、マットな仕上げのゴールドが控えめで上品です。トレイには「SaddleExtra」と呼ばれるアニリン染めの革が使われており、時間の経過とともに革の自然な表情の移り変わりもお楽しみいただけます。『人と人、空間と空間を繋ぐ』というデザインコンセプトで作られた「レン」シリーズのサイドテーブル。個人的にはお客様を迎え入れるエントランススペースに置くのがおすすめです。自分が帰宅した際も玄関にこのサイドテーブルがあるとホッと落ち着けそうです。

2022-07-26

PoltronaFrau(ポルトローナ・フラウ)サイドテーブル「アサヤ」革 キャメル色

ポルトローナ・フラウ

水が流れ落ちるような美しいデザイン

脚のデザインが印象的なサイドテーブル。通常一本脚のテーブルは、天板の裏側中央に脚が付いていることが多いのですが、こちらの「アサヤ」は天板の端から繋がるように脚が伸びていて独創的なデザインとなっております。これにより天板から脚の背面に張られたキャメル色のレザーが、まるで水が流れ落ちるかのような美しいラインを描き、内側のアイボリー色とのバイカラーをより際立たせています。キャメルに映える白糸のステッチがブランドの高い技術力と、妥協しないものづくりへの姿勢を感じさせます。

お問い合わせ