旦那さんが提案して私が決める。夫婦で相談しながら家具選び

明るい色よりくすんだカラーが好きなのと同じように、照明も白熱灯や間接照明が好き。加えてメインの照明なら、存在感があるビジュアルに惹かれます。あとは質感のコントラストが決め手かな。我が家は少し暗め色のフローリングにコーデュロイのソファなので、さらに暖かい雰囲気のアイテムを持ってくると山小屋みたいになっちゃう。だから黒いスチールやアイアンのアイテム、キッチンならステンレスなどの無機質なアイテムと組み合わせて、質感にコントラストをつけるようにしています。

我が家のインテリア選びは、旦那さんの提案を受けて「それはちょっと嫌だな」などと私が意見を言いながら進めるスタイル(笑)。例えば以前に、カフェにあるようなステンレスの食器棚をキッチンに置きたいと言われたときは 「お皿を使う前に1回洗わないといけないじゃない、そんなの大変だからやめよう」って。そうすると「そっか〜!そうだね、じゃあこんなのはどう?」ってまた選んできてくれるんです。旦那さんにはこだわりはあるけれど「これじゃなきゃ嫌」っていうのはないようで、色々と提案してくれる中から使い勝手が良く好みのものを選べるので助かっています。

ITEM01

テーブルスタンド 「KAN-HANOI」

我が家に似合うのはこんなブラック!

シンプルなフォルムとブラックのコントラストでスタイリッシュモダンの風合いに。セードは布、本体支柱はロープ、ベースに木材が使われており、布・革・木といった自然素材の質感が一気に楽しめるのが魅力。

丸400×高さ550(mm)/39,800円

ITEM02

ペンダントライト 「NEM-AM4Z」

無機質なシルバーのフォルムに惹かれます。

1993年にフランコ・カッシーナとカルロ・フォルコーニにより設立されたブランド「NEMO」社のペンダントライト。さまざまなデザイナーとコラボレーションするなど、人々のインスピレーションの源として愛される作品。

丸450×高さ340(mm)/205,700円(メーカー希望小売価格)

ITEM03

ペンダントライト 「154 (ONE FIVE FOUR)ソフトサンド」

子供部屋はこんなライトでカラフルに可愛くしたい!

1964年にアンドレアス・ハンセンによってデザインされたペンダントランプ。ペーパーという素材を好む彼ならではのシンプルなデザインが魅力。紙を規則的に折り上げて作られたプリーツが美しい。

丸380×高さ200(mm)/61,600円

ITEM04

フロアランプ 「VAL-CHEESE」

光が上に向けて抜けるのがキレイ、寝室に置きたいです。

ミラノで2年に一度開催される照明市、2015年春のユーロルーチェ出品商品。シェードの上部が開放されており、光が上方に抜け壁面や天井を照らします。

幅260×高さ250(mm)/20,300円

次回は12月25日(水)公開予定。

RELATED STORY

  1. 藤本美貴さんの『LIFEinTERIOR』は“家族で溶けあう空間” vol.2

    2019.12.11

    藤本美貴さんの『LIFEinTERIOR』は“家族で溶けあう空間” v…

    藤本美貴さんのインテリアのテーマは“家族で溶けあう空間”。藤本さんのインテリア選びや暮らし方には、家…

    藤本美貴さんの『LIFEinTERIOR』は“家族で溶けあう空間” vol.2
  2. 藤本美貴さんの『LIFEinTERIOR』は“家族で溶けあう空間” vol.4

    2019.12.25

    藤本美貴さんの『LIFEinTERIOR』は“家族で溶けあう空間” v…

    藤本美貴さんのインテリアのテーマは“家族で溶けあう空間”。藤本さんのインテリア選びや暮らし方には、家…

    藤本美貴さんの『LIFEinTERIOR』は“家族で溶けあう空間” vol.4
  3. 藤本美貴さんの『LIFEinTERIOR』は“家族で溶けあう空間” vol.1

    2019.12.4

    藤本美貴さんの『LIFEinTERIOR』は“家族で溶けあう空間” v…

    藤本美貴さんのインテリアのテーマは“家族で溶けあう空間”。藤本さんのインテリア選びや暮らし方には、家…

    藤本美貴さんの『LIFEinTERIOR』は“家族で溶けあう空間” vol.1