樹齢の分だけストーリーがあるテーブル

自宅でも一枚板のテーブルを使っています。それは夫が独身時代に全国探し回ってやっと見つけた一枚だったそうで、彼の思い入れがすごく詰まっている。物に出会うまでのそういう自分たちの思い出や、知らない人の板を切り出す大変な労力、樹齢何百年もの間に木がどのような景色を見てきたのだろうかなど色々考えるのが楽しいので、そのようなストーリーがある物を選びたいと思っています。また年に一度オイルを塗るなど、定期的なお手入れが必要なところも一枚板の魅力。手をかけただけ思い出が増えるので、より愛着が湧くんです。

ITEM01

天板 「ウォールナット」

「色味や質感など、一番惹かれる木の素材はウォールナット。」(前田さん)

無垢天板の特長は、長い年月を経て大自然が育んだ美しい杢目と深みのある色艶。同じ樹種でもさまざまな表情があり、一つとして同じものがない。中でも独特の黒い木肌と木目の美しさ、年月を経て深まる風合いが比類のない世界三大銘木のひとつであるウォールナットは、硬質で衝撃にも強く、強度と粘りがあり、狂いが少なく加工性や着色性に優れている。

幅1980×奥行855-860×厚さ53㎜/700,000円

次回は 2019年7月24日(水) 公開予定。

RELATED STORY

  1. 前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.1

    2019.07.10

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし…

    日々、植物に囲まれた暮らしを送るフラワーアーティストの前田さん。インテリアを選ぶときに大事にしている…

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.1
  2. 前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.4

    2019.07.31

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし…

    日々、植物に囲まれた暮らしを送るフラワーアーティストの前田さん。インテリアを選ぶときに大事にしている…

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.4
  3. 前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.3

    2019.07.24

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし…

    日々、植物に囲まれた暮らしを送るフラワーアーティストの前田さん。インテリアを選ぶときに大事にしている…

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.3