そこにあることで空間が心地よくなる物を選ぶ

「もっと自分らしく生きたい」とアナウンサーを辞めてからは、することもしないことも自分で選んでいく毎日でした。そうやって生き方を選ぶうちに見えてきたのは「自由でいたい」「自然体でいたい」という気持ち。その気持ちを大切に過ごすうち、自分の好きなものがよりハッキリしてきたように感じています。そんな私の小物選びのコツは、「役割を差し引いてもそこに飾っておきたい物を選ぶ」こと。例えばライトなら、明るくならなくてもそこに部屋に飾っておきたいくらい惹かれる物を。花瓶なら、花がなくても絵になる物を選ぶべきだと思うんです。

家具屋さんというより美術館みたい!

今回、久しぶりに訪れた大塚家具でしたが、以前来たときより、目を奪われる魅力的なアイテムとの出会いがたくさんあった気がします。もちろん今の私には必要ないかなと思う物もたくさんありましたが、つまりそれだけ品揃えが豊富で、多くの人が自分の好きな物を見つけられるということ。家具屋さんというより美術館みたいでとっても楽しかったです。

ITEM01

O’THENTIQUE 「BOOKMARK-NB、SCULTURA-B/F」

「なんとも言えないシルエット!このライトについてお客さまと会話が弾む楽しそうなイメージが浮かびます」(前田さん)

004年タイで創業したオーセンティック社は、ドリフトウッド(流木)を使用したコレクションで世界的に有名なブランド。バンコクの工場では、熟練した職人がハンドメイドで一点ずつ丁寧に製品を仕上げており、色や形状が1点ずつ異なる仕上がりが味わい深い。

  • BOOKMARK-NB|幅250×奥行250×高さ490(㎜)/36,000円
  • SCULTURA-B/F|幅550×高さ1770(㎜)/99,000円

ITEM02

テーブルスタンド 「KAN-MODERN/1TS」

「三本足がたまらなくかわいい!シェードのモダンなシルエットとのギャップが好み」(前田さん)

ウォールナット色塗装のアッシュの無垢材を贅沢に使用した大ぶりのスタンド。素材感のあるざっくりとした風合いのシンプルな布シェードはどんなインテリアにも合わせやすい。

幅450×高さ615(㎜)/58,800円

RELATED STORY

  1. 前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.3

    2019.07.24

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし…

    日々、植物に囲まれた暮らしを送るフラワーアーティストの前田さん。インテリアを選ぶときに大事にしている…

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.3
  2. 前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.1

    2019.07.10

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし…

    日々、植物に囲まれた暮らしを送るフラワーアーティストの前田さん。インテリアを選ぶときに大事にしている…

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.1
  3. 前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.2

    2019.07.17

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし…

    日々、植物に囲まれた暮らしを送るフラワーアーティストの前田さん。インテリアを選ぶときに大事にしている…

    前田有紀さんの『LIFEinTERIOR』は “ストーリーのある暮らし” vol.2