映画放映

映画「HERO」ロゴ
2015年7月18日(土)全国ロードショー
映画「HERO」に、美術協力をしています。

ネウストリア大使館 大使執務室

「シンメトリー」がキーワード。

ソファ、アームチェア、サイドボード、小物がシンメトリーに整然と配置されています。
ヨーロッパの国の大使館ということで歴史を感じさせる重厚な雰囲気の内装ですが、あえてモダンでスタイリッシュな家具をセレクト。重くなりすぎず洗練された執務室になっています。
カラーは壁や建具を意識して、黒と赤でまとめています。日本を感じさせる調度品もさり気なく取り入れているのはさすが駐日大使館です。

Story
スーツを着ない型破りな検事、久利生公平を中心に、東京地検城西支部の個性的な面々が、きわめて現代的な事件の数々に立ち向かう―。時代がいくら変わってもみずみずしい輝きを放ち、私たちに大切なものの存在に気づかせてくれる「HERO」が、この夏、再びスクリーンに還ってくる。
ネウストリア大使館の裏通りで、パーティーコンパニオンの女性が車に跳ねられて死んだ。東京地検城西支部の久利生公平検事は、事務官の麻木千佳と共に事故を起こした運転手を取り調べる。すると、ふたりの前に、かつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子が現れた。これはただの交通事故ではない。そう感じた久利生と雨宮は、合同捜査を開始するが、大使館には、日本の司法がまったく及ばない「治外法権」が存在する。さすがの久利生も、「大使館」という決して侵してはならない「絶対領域」の前になす術がなく、捜査が進展せず暗礁に乗り上げてしまう……。果たして、久利生はその強大な壁の向こうにある真実にたどり着くことが出来るのか……?
製作:フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 FNS27社
配給:東宝

メディア掲載情報一覧へ