IDC大塚家具の未来を創造するのは
「変化を恐れず 革新に挑む人」

1969年、インテリアビジネスの世界でNO.1になる、という目標を掲げて創業したIDC大塚家具。
その歴史は挑戦の連続でした。世の中にすでにあるものを真似しても成長は望めない。
ならば、あえて逆のことをしてみよう。この精神こそがIDC大塚家具のDNAです。
創業から47年を経た今、IDC大塚家具はインテリア業界のリーディングカンパニーと呼ばれるまでに成長することができました。

しかし、社会や経済情勢の変化にともない、世の中に求められるビジネスのあり方も変化してきました。
インテリアビジネスの世界もまた、大きな変革の流れにあります。
私たちは今、革新に挑んでいくDNAをあらためて呼び覚まし、今後ますます高まる当社へのニーズにこたえていきます。

私たちの志に共鳴し、将来、新たなビジネスの中心となれるような方に参加してほしいと思います。

IDC大塚家具について

国内外の家具、インテリアの企画・開発・販売を通じて、人が集うあらゆる環境を創造する

IDC大塚家具は単に家具・インテリアを販売するだけの企業ではありません。
例えばオリジナル商品の企画・開発をはじめ、輸入商品の在庫管理、自社便による配送業務、お届け後のアフターメンテナンスまですべてを自社で行っています。
お客様の「インテリア」に関する、あらゆるお手伝いを行う企業、それがIDC大塚家具です。

社員紹介

TOPへ戻る