これ欲しい! 土屋アンナセレクトアイテム

ITEM01

カウチソファ 「フレミング model.CO-2462」

ソファは革派ですが、この質感はめちゃくちゃ好きです。柔らかすぎず、ちゃんと硬さもあって、何よりも肌が革に触れたときによく馴染む感触が心地良いですね。全身を預けても沈み込み過ぎないで、ちょうど良い。高級感があるけど親しみやすいシンプルなデザインは、持ち主によって表情を変えてくれそう。きれいに使っても雑に使ってもその人らしい味が生まれそうですね。

しっとりしなやかで、リッチな手触りの革を纏ったイタリアデザインのローバックソファ。背もたれと座面はフェザーを加えたクッション仕様。柔らかい革に、フェザー特有のしっとりとした座り心地が加わり、身体をやさしく包み込みます。

幅2610x 奥行1580(940)x 高さ770(座面高430)mm 498,000 円(税込)

ITEM02

ソファ 「ligne roset ロゼプルム」

アートのような見た目と座り心地のギャップに、ぐっときました。赤に目が惹かれてなんとなく座ってみたけど、思わず「ヤバッ」って声に出ちゃった。どの位置に座っても体にフィットして支えてくれるので、気持ち良いです。デザインだけでなく、機能性までよく考えてつくられていることがわかります。デザイナーのブルーレック兄弟、天才!

フランスのライフスタイルブランド「リーン・ロゼ」。高密度のウレタンフォームをベースに、ストレッチ生地を使用した「ロゼプルム」は、ソフトで弾力のある座り心地を体感できます。リラックスできる雰囲気ながらも品がある、ころんと丸く角のない美しいラインが魅力です。

幅2020x奥行1160x高さ787(座面高387)mm  698,500 円(税込)

一生付き合いたい家具と
出会える場所

――有明ショールームはいかがでしたか。
家具1つひとつの良さがすごすぎて、サラッと見ることができませんでした。具体的な目的があってここに来ていても、その目的が変わってしまいそうな……想像以上のものがありすぎて楽しかったです。子どものオモチャも、すぐダメになって仕方ないものもあれば、一生取っておきたいオモチャもある。このショールームには、後者のように一生取っておきたい、使い続けたいと思える家具が揃っている印象です。ここでは、自分の肌に直に触れさせて、相性がバチッと合うものを、時間をかけて選びたいと思いました。

――気になるソファにはすべて座って、感触を確かめられていましたね。 
その人が感じる“心地よさ”って、体格やその人自身が育ってきた環境によって違うと思うんですよ。例えば私は背が高いから、ゆったりとした奥行のあるROLF BENZ(ロルフベンツ)のソファは座り心地が良くて、自分の体との相性の良さを感じました。そんな風に、ブランドが自信をもってつくってくれた心地よさと、自分が感じる心地よさが合致したら、その家具と相性が良いって考えて良いのかなって。 有明ショールームは、ブランドやインテリアのテイストなど分けて展示されているから、違いがわかりやすかったですね。機能性やブランドの個性を実際に体感してから、説明を聞くと「確かに」って納得できます。ショールームならではの体験ですね。

同居人として家具を迎え
関係性を築いていく

――土屋さんが家具を選ぶときに、どんな点を重視しているのでしょうか。
美しいデザインはもちろんですが、永く使えるか、愛着が湧くか、を見ますね。

――“永く使えるか、愛着が湧くか”はどのように判断するのでしょうか。
相性とか、感覚的な部分もあるけど、結局はこれまで家具と付き合ってきた「経験」で判断していると思います。例えば、デザインや色が好みだったけど、実際は使いにくかったという経験とか、自分の体格や生活に合っていて心地よさを感じた経験とか。

――失敗も成功も、すべて経験として蓄積されていって、それが判断材料になるんですね。
そうそう、人間の付き合いと一緒。初対面で「あの人良さそうだな」って思っても、なぜそう思うのか、意味わかんないじゃないですか。でも具体的な理由が浮かばなくても、なんとなく勘?でわかる(笑) 30年以上生きていると、そういった判断力が備わっていくと思うんですよ。でもそういう感覚的な判断には、これまでの経験による裏付けがあるのかなと。 だから自分のこれまで積んだ経験を信じて、感覚で判断してみればいいんじゃないかなと思います。

――買ってみたけれども、やっぱり使いにくかった家具とは、どのように接していけばいいでしょう。
買ったものが使いにくかったとしても、毎日接していると、その中で愛していっちゃう部分があると思うんですよね。不便さを愛おしいと思うような。そこから、その家具の特徴に合わせて使い方を変えるとか、 自分たちで関係性をつくり上げていくって考えれば、楽しいんじゃないかな。

汚れてもいい!
覚悟を決めて「これが好き」を選ぶ

――家具と人を同じように見るなど、土屋さんはとても愛情深い方に感じられます。
いやいや、そうでもないですよ。モノとか超雑に使っていますよ(笑) 私の中で、雑に扱う=愛している、なんで。お気に入りのジャケットこそぶん投げるし(笑) でもそれが格好良いのかなって思っています。そもそもうちには6匹の猫と小さな子どもがいるので、家具を丁寧にキレイに保つことができないんですよね。

――私ならどうせ汚れるからと、高い家具を買うのをセーブしてしまいそうです。
そうですよね、革のソファも猫たちが爪とぎしちゃうし。でも家具を猫のために妥協するかというと、私は全然そんなことしません。爪とぎされちゃうのはわかっているけれども、「これが好き」というものを選びたい。ソファの革がやぶれちゃったら、張り替えればいいんです。一緒に住んでいる生き物は変えられないから、ソファさんたち申し訳ないけれど「よろしく~」って(笑)

――覚悟が決まっているんですね。
受け入れる覚悟は決まっています。 同じ値段がかかるんだったら新しいものを買い変えちゃうと考える人もいるだろうけど、そのソファが好きだから、張り替えを選びます。この前も、何十万もかけてソファをレンガ色から水色の革に張り替えましたが、すぐ爪をとがれたからね(笑) それが家具と私の間でつくられていく関係性だと思うから、 色を変えるなど遊んで、その家具と永く付き合っていきたいですね。

土屋アンナ モデル・歌手・女優

1984年3月11日生まれ、東京都出身。 1998年デビュー。モデル・歌手・女優など職業の枠にとらわれず幅広く活躍。3月10日にブルーノート東京にてバースデーライブを開催。3月17日公開となる映画『長ぐつをはいたネコと9つの命』日本語吹替版に出演。また、3月28日にはスペシャルアンバサダーを務める『Change Makers Fes』に出演し、国内外の社会課題に対してアクションを起こした子供・若者にエールを送る。プライベートでは二男二女の母でもある。

  • 情報は2023年3月8日(公開日)時点のものとなります。
  • ご紹介した商品の仕様・価格・取扱い状況は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。
  • 次回の更新予定日は2023年6月7日(水)です。

大塚家具で
インテリアの悩みを解決

無料相談する

RELATED STORY

  1. キッチンからぼんやり眺める 幸せの風景

    2023.03.8

    キッチンからぼんやり眺める 幸せの風景

    今一番欲しいものに「コーヒーマシン 」を挙げた土屋アンナさん。お目当てのマシンを探す傍ら、家庭を切り…

    キッチンからぼんやり眺める 幸せの風景
  2. 実はロマンティックが好き! 土屋アンナが心落ち着く寝室とは

    2023.03.8

    実はロマンティックが好き! 土屋アンナが心落ち着く寝室とは

    猫足のダイニングチェアにそっと手をかけ、「可愛い女の子になりたかったなぁ」と漏らした土屋アンナさん。…

    実はロマンティックが好き! 土屋アンナが心落ち着く寝室とは
  3. 土屋家に受け継がれる 家具を“永く愛する”心

    2023.03.8

    土屋家に受け継がれる 家具を“永く愛する”心

    実家の家具はほとんど大塚家具という土屋アンナさん。有明ショールームを周りながら「実家を出るときに母と…

    土屋家に受け継がれる 家具を“永く愛する”心