おうち時間の過ごし方は息子とまったり

昨年は、おうち時間が増えて息子と一緒に過ごす時間も増えました。なんとか、息子が飽きないようにと正直大変でした(笑)。今は、子供部屋がないので基本的には、息子が家にいる時は同じ空間で過ごしています。ソファに座って絵本を読んだり、テレビを見たりまったり過ごしていましたね。お話ができるようになったので、会話がとても楽しくなったんです。普段は私は仕事があるし、息子も学校に行っているので、逆にこんなに一緒にいられるのは貴重だなと思いました。

アクティブに過ごすことも好きですが、おうちでまったり過ごすのもとても楽しかったですね。リビングのソファは、私たちのおうち時間の中心だったと言えるかもしれません。

理想のソファに出会ってしまったかもしれません

ショールームで出合ったインテリアの中でも、エレガントモダンなデザインのソファは、私の理想イメージにぴったりでした。あの曲線も美しかったですし、縁に施された装飾も心を掴まれました。色も今の気分にマッチしていて、独身だったら、迷わず買ってしまったと思います。

昔は、結構直感で選んで買うことが多かったかも。なので、失敗もありましたが、いいなと思うものを買う!手に入れる!という楽しさがありました。

でも、大人になって家族が増えるとそういう訳にはいかなくなりますよね。サイズ感だったり、メンテナンスのしやすさなど考慮することが増えてきます。今は、直感ですぐ買う!というスタイルではなく、何度か見たり、一度離れてもやっぱり欲しいと思うかとか、考える時間を持つようになりました。

生活が見えてきて選ぶ家具が変わること

インテリアは、家族との生活に直接関係あるものだからこそ、購入するときは実際の生活をイメージしてから買います。一人暮らしのときは、正直要らないものも買ってしまったこともあって、買ってから後悔することも(笑)。それは、生活が見えてなかったからかなと思います。今は家族との生活イメージがしっかりできているので、必要なものなのかを明確に判断する基準がある感じですね。

独身の頃から変わらない理想のインテリアは心の中にはあるんですけど、現実のことを考えると”今”買うインテリアは、別物になっちゃいますよね。それはそれで、新しいインテリアに出合うきっかけでもあるので、楽しいことだなと受け入れています。

子供が生まれたときは、子供優先でインテリアを選び直しましたが、それが正解だったと思いますし。子供が成長してきて、今の生活ともマッチしながら、少し遊びがあるようなデザインを選べるようになったのは、今・これからの楽しみ。

年齢を重ねると、その時その時で理想は変化していくものだと思います。それは、今回ショールームを回ってみてもそうでした。今までは目にいかなかったものにも、興味が湧くようになって、それは新しい発見でした。

独身の頃とは違うけれど、家族との生活をベースにおきながら、その時その時のインテリアをこれから楽しんでいきたいと思います。

ITEM01

電動リクライニングソファ 「L/S VINTAGE-60」

ソファってこんなに進化してたんですか!?

電動リクライニングのスムーズさ、快適さに驚いた伊藤さん。「ソファを新しく見るのは、数年ぶり。電動リクライニングがこんなに進化していたんですね!動きも滑らかだし、音も静か。広いソファでお昼寝するのもいいな♪」伊藤さんが寛いでいるのは、電動リクライニングソファ「L/S VINTAGE-60」。ヴィンテージ仕上げのレザーを使用し、脚部は伊藤さん好みのシャープなデザイン。リクライニング機能に加え、ヘッドレストの角度調整機能が付き、機能性も抜群。様々な体格の人にもしっくりくる姿勢を作り出してくれます。ボタン操作は座面外側にあるスイッチでスムーズな操作性。充電用のUSB端子差込口もあるのでスマートフォン、タブレットなどの充電にも便利です。

幅1940x奥行1100-1530x高さ760-980、座面高:460(mm)/249,000 円

ITEM02

ソファ 「センチュリーCE44-2112」

伊藤さんが心ときめいた! 理想のソファは、アメリカの名門ブランド「CENTURY」 社のソファ。モダンエレガントなデザインは、大人の女性にぴったりな、甘すぎないカラーリングとエレガントなフォルムが上質な空間を演出します。「このくすみのある色味が、今の気分にぴったりですし、この曲線的なデザインも好み」と絶賛していた伊藤さん。独身の頃だったら欲しかったな〜!と、立ち止まり何度も見つめていました。

W1850xD710xH810(mm)/930,000円

大塚家具のカタログを
無料プレゼント

カタログをもらう

RELATED STORY

  1. 伊藤千晃さんが、今の自分の気持ちに気づかされたインテリアとは?vol.1

    2021.02.3

    伊藤千晃さんが、今の自分の気持ちに気づかされたインテリアとは?vol.…

    久しぶりにインテリアショップのショールームを訪れたという伊藤千晃さん。お子さんが3歳になり、これまで…

    伊藤千晃さんが、今の自分の気持ちに気づかされたインテリアとは?vol.1
  2. 新たなステージを目指して。伊藤千晃さんが仕事で大切にしていることは?vol.3

    2021.02.17

    新たなステージを目指して。伊藤千晃さんが仕事で大切にしていることは?v…

    ライフスタイルブランド『KIKI AND DAYS』のディレクション、アーティストとしての活動など、…

    新たなステージを目指して。伊藤千晃さんが仕事で大切にしていることは?vol.3
  3. 収納するだけじゃない。生活に彩りをプラスしてくれる理想のチェストを求めて。vol.2

    2021.02.10

    収納するだけじゃない。生活に彩りをプラスしてくれる理想のチェストを求め…

    伊藤さんが今探しているインテリアは、「リビングチェスト」。子供のものや自身の仕事のものなど、物がどう…

    収納するだけじゃない。生活に彩りをプラスしてくれる理想のチェストを求めて。vol.2