ロゴ:Poltronafrau

2019

スペック情報

デザイナー Poltrona Frau Style & Design Centre(ポルトローナ・フラウ スタイル&デザインセンター)
価格 ¥1,490,000 〜 (税込)
サイズ W 970 x D 1080 x H 980 mm / SH 450 mm
仕様
張地
レザー(SC,Heritage,Nest,Soul,Century)

1919年から2019年:ちょうど100年の時を経て、新しい名前、新しいサイズ、新しいプロポーションが誕生しました。
歴史的なPoltrona Frau capitonnéレザーモデルのすべてが変わっても、すべては変わらない:Roberto Lazzeroniとのコラボレーションにより、Poltrona Frauはオリジナルの精神を維持しながら、この時代を超越したクラシックを再解釈することに成功しました。
100年もの間、ポルトローナ・フラウの真髄を体現してきたアームチェアを再構築することは、決して容易なことではありません。
大きく、丈夫で、手作業でパッドを入れ、革で完全に張り、アームレストのプリーツ状の渦巻きや背もたれの有名なカピトンネのモチーフなど、複雑なクラフトマンシップが最高潮に達しています。

ロベルト・ラッツェローニは、このデザインアイコンに最大限の敬意と愛情を持ってアプローチしました。
彼はこのデザインをあらゆる角度から観察し、座ってみたり、触ってみたり、感じてみたりしました。
そして、そのプロポーションはもはや現代の快適さの概念とは一致しないと結論づけました。
2019年のアームチェアは、その名を知らしめたすべての機能を完全にそのままに、オリジナルの新しいバージョンとなりました。魅力的で、洗練され、快適で、次の100年に向けても変わらぬエレガントな姿勢で臨むことができます。

2019年モデルのアームチェアの支持構造は、無垢のブナ材を使用しています。シート、背もたれ、アームレストのスプリングシステムは、ジュートベルトに取り付けられたスチール製のバイコニカルスプリングで構成されています。
座面にはラバー加工された馬毛のパッドを使用し、背もたれとアームレストには手型のベジタブルホースヘアを使用しています。
シートクッションはグースダウンで、ポリウレタンフォームの安定性を高めるインサートが入っています。
張り地はペレ・フラウ®レザーで、背もたれの前部には手動のカピトンネのディテールが施されています。アームチェアの背もたれの裏側にはレザートリムが施されています。
座面の下部には、モカ色のステインを施した無垢のアッシュ材を使用した4本脚のフレームが付いています。
レッグシステムは、ゴールドまたはガンメタルグレー仕上げのメタルキャップ、または背面にメタルキャップ、前面に回転キャスターをご用意しています。
2019年モデルのアームチェアには、無垢のアッシュに回転式のオーバルプレートが付いたバージョンもあり、トップにはテスタ・ディ・モロカラーのサドルエクストラレザーを使用し、電子機器や本などの小物を置けるようになっています。