ロゴ:Poltronafrau

1919

スペック情報

デザイナー Renzo Frau(レンツォ・フラウ)
価格 ¥1,260,000 〜 (税込)
サイズ W900 x D950 x H930 mm / SH500 mm
仕様
張地
レザー(SC,Heritage,Nest,Soul,Century)
フレーム
レザー(SC,Heritage,Nest,Soul,Century)
脚部
ウッド(ビーチ Dark walnut staind)

デザインされた日付から「1919」と呼ばれるアームチェアは、実際の資料にはコード「128」として登録されています。おそらくピストイア公、フィリベルト・ルドヴィコ・ディ・サヴォイアのためにレンツォ・フラウがオーダーメイドでデザインした作品のようです。特注作品であったにも拘わらず、当初からPoltrona Frauの一般のお客様に最も人気のある家具の一つになりました。クラシックなベルゲール様式のモデルを再解釈した「1919」は元祖のモデルに比べると、背面に使用されたカピトンネにより強い個性を持たせています。もう一つの特徴は足を伸ばすための特徴的なフットレストと有名な愛煙家であった公爵が灰皿を置けるよう考案されたアームレストに備わったオプショナルの小さなレクターンです。

アームチェア「1919」はシリーズ全製品に製造ナンバーが付いています。構造体には熟成させたブナ心材が使用されています。座面、背面、肘掛のスプリングは、黄麻布ベルト上に固定された手作業で縛ったバイコニカルスプリングを使用しています。座面のパッティングはゴム引馬毛、背面と肘掛のパッド材は手作業で成形された植物繊維です。座面のクッションにはダウンフェザーが使用されています。背面のデザインは手作業のカピトンネ細工によって形成されています。キャスターと金属パーツ(ディッシュホルダーアーム、灰皿、製造ナンバープレート)の仕上げは金メッキまたはガンメタルカラー仕上げのいずれかをお選び頂けます。アームチェア「1919」には2通りのバージョンがあります:小皿無し、灰皿付き、あるいはグラスホルダー付きです(いずれのバージョンでも左右どちらにでも取り付けることが出来ます)。