ロゴ:Poltronafrau

Get Back ゲットバック

スペック情報

デザイナー Ludvica + Robert Palomba(ルドヴィカ + ロベルト・パロンバ)
価格 ¥1,910,000 〜 (税込)
サイズ W 2270 x D 910 x H 870 mm / SH 450 mm
仕様
張地
レザー(SC,Nest,Soul,Century)・ファブリック(FabricA, FabricB)
フレーム
レザー(SC,Nest,Soul,Century)
ベース
メタル(Ruthenium,Blasted and burnished Alminium)

Get Backは2019年にルドヴィカ&ロベルト・パロンバによりデザインされたソファシリーズです。

2017年にLet it Be、翌2018年にCome Togetherをデザインしており、Get Backはビートルズから着想を得たソファシリーズの3作目となります。
「Get back, get back, get back to where you once belonged~」という同名の曲中のフレーズから、いつでも歓迎してくれて心の底からリラックスが出来る場所へ帰ろう、戻ろうという解釈を基にデザインされています。
また、Get Backは”快適さ”を徹底的に研究したソファシリーズでもあります。広々としたシート部分、リラクゼーションを促すバックレスト、2種類のアームレスト、さまざまな構成で自由に組み合わせるための多数のモジュール。薄くデザインされたフレームとシンプルなアルミ製の脚が軽やかな印象を与えてくれます。フレームの上には、心地のよい柔らかなクッションが並べられています。 「家に帰る」ための魅力に溢れたソファシリーズとなっており、リビングルームでのリラックスした時間をお楽しみいただけます。

Get Backのこだわりは、細かな部分にまで及んでいます。シートとバックレストは、パイピングで装飾され、シンプルさと軽やかさが上手く融合し、鉛筆で描かれたような柔らかさが感じられます。丸みを帯びた表面は、張地の素材をさらに魅力的にし、丁寧にステッチが施された革のアームレストは、側面からシートを包み込み、その柔らかさを強調しています。

シートとバックレストのクッションの中材には、柔らかなダウンが使用されており、フレーム部のシワ無く張り込まれた部分とコントラストが生み出されており、Poltrona Frauの張込技術の高さを強調しています。バックレストの構造は、堅いブナとポプラ、バーチ合板、ハードボードパネルから製造されています。
基本構造のフレームは、アルミダイキャスト製で、カバー部分はチューリップ無垢材を使用。成形ポリウレタンフォームのは、バックレストとフレームのコーナー部に使用されています。
ベースとバックレストにはポリウレタンフォームが使用されており、アームレストにはポリウレタンとポリエステルのパッドが使用されております。シートスプリングシステムは、織り合わせた弾性ベルトで構成されています。ポリウレタンフォームのダウンパッドと型崩れのしにくいシートクッション。ひとつひとつ独立したバックレストクッション。ルテニウム仕上げのアルミ脚には、床材の傷防止のための黒のナイロン製キャップが付属しています。 Get Backは、PelleFrau®レザーで全てを革張りにするか、PelleFrau®レザーと布製シートおよび背もたれクッションを組み合わせた仕様をご選択いただけます。