大塚家具のコントラクト事業

MENU

ニュース・特集

総合インテリア販売の株式会社大塚家具(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大塚久美子)は、 イタリアを代表するインテリアブランド「Poltrona Frau(ポルトローナ・フラウ)」のショップを 2019年8月21日(水)より約半年間をめどに日本橋三越本店 本館5階のリビングフロアの一角にオープン いたします。

「Poltrona Frau(ポルトローナ・フラウ)」は、1912年にイタリアのトリノで創業した、家具業界に おける世界的リーディングカンパニーです。職人の手によりつくられる上質な革張り家具は、イタリア 中に知れ渡り、1926年にイタリア王室に御用達の指名を受けました。また、フェラーリやマセラッティ などの高級車の内装カスタマイズをはじめ、フランク・O・ゲーリーが手掛けたディズニーコンサート ホール、イタリアの三ツ星ホテルの内装などを手掛けることでも知られます。

日本橋三越本店では 2019年1月から約2ヶ月間の期間限定でPoltrona FrauのPOP UP SHOPを新館1階 のプロモーションスペースにオープンし、ご好評をいただきました。今回展示するのは、そのときに高 評価を得た、ラブソファ「デッザ」とダイニングテーブル「メサドゥーエ」、ダイニングチェアの最上 位モデル「ディーバ」です。「デッザは「イタリアモダンデザインの父」と呼ばれるジオ・ポンティが デザインした逸品で、シンプルなフォルムのチェアながら座と背にカウスキンを用いることで、この上 なく洗練された印象を与えています。「メサドゥーエ」は、スプーンから都市までをデザインしたと言 われるマッシモ&レラ・ヴィネリによる丸テーブルで、一本脚の部分にはサドルレザーを使用しています。 今後は2ヶ月に1回展示品を入れ替えながら、Poltrona Frauの世界観、そしてその魅力を訴えてまいりま す。

現在東京・青山で、ミラノの直営店のコンセプトを取り入れた、Poltrona Frau社の完全デザイン監修 による日本初の公式認定フラッグシップショップ「Poltrona Frau Tokyo Aoyama」が2018年3月より 営業しています。今回の日本橋三越本店 のショップはそれに次ぐものです。


【日本橋三越本店 「Poltrona Frau」概要】
オープン日:2019年8月21日(水)
場所 :日本橋三越本店 本館5階リビングフロア(東京都中央区日本橋室町1-4-1)
営業時間 :10:00~19:00(本館・新館1階、地下階は19:30まで)
T E L :03-3241-3311(大代表)
展示商品 :ソファ、テーブル、チェアなど

Recommended/
おすすめ記事