バラバラの椅子を組合わせたきれいめヴィンテージ【スタッフのコーディネート実例】

1脚ずつにこだわりがつまったダイニングチェアは、バラバラのデザインながら、素材や色を統一させることでインテリア全体にまとまりが生まれています。

2018/05/29

ウォールナット色と黒でまとめたヴィンテージスタイル

仙台ショールームスタッフ K邸

ITEM INFORMATION

ダイニングチェア「CH88」

 ハンス J. ウェグナー生誕100周年を記念したダイニングチェア「CH88」。1955年にプ…

商品詳細を見る

[Profile]

IDC OTSUKA STAFF/A.K・仙台ショールーム

家族構成/夫、妻、子ども

住まい/宮城県仙台市

間取り/戸建て・3LDK(LD22帖)

 

「きれいめヴィンテージ」をコンセプトにインテリアを選んでいるKさん。明るめのフローリングにウォールナット色の家具を合わせることで、重すぎないヴィンテージスタイルを実現しています。ダイニングセットからソファ、収納、照明など細かなアイテムまでウォールナット色と黒の配色にこだわり統一することで、さまざまなテイストの家具が狙いどおりの「きれいめヴィンテージ」に収まっています。

インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

大塚家具のインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。

ページTOPへ戻る