インテリアのはなし インテリアのはなし

インテリアのお役立ち情報をお届け

【ROLF BENZ/ロルフベンツ】ドイツ品質のクオリティ

ドイツの工業規格にのっとりながら、自社でさらに厳格な製品基準を設定し、その高いクオリティを維持しているロルフベンツ社のソファ。全てのソファは、硬さの異なるクッション材を重ねていく、多層構造となっており、一つひとつ丁寧な手作業でドイツ本社工場にて製造されています。

2019/04/21

世界を魅了するデザインと機能の両面に秀でたコンプリートソファブランド

革新的なデザインと高いクオリティ、そして類稀な座り心地が魅力のドイツを代表するロルフベンツ社。丈夫なフレームづくりや丁寧な椅子張り技術など、ソファづくりには欠かせない技術が盛んなナーゴルト市で、1959年に誕生しました。1964年に世界ではじめてコーナーソファを開発し、新しいライフスタイルを確立。
それ以来、業界のリーダーとして常に注目を集めています。ロルフベンツ社のすべてはデザインから始まります。

流行研究所と協力し、あらゆる要素を検証しデザインを完成させます。内部構造にも徹底的にこだわり、高密度ウレタンを何層にも組み合わせる多層構造クッションが特長です。デザイン、快適性、品質に裏付けられた機能。ロルフベンツ社は伝統的なよさを残しながらも、時代が求めるライフスタイルに沿った最高のデザインと座り心地を提供します。

世界のリビングのあり方を一新したコーナーソファ

1960年代初頭、それまでソファは「客間・応接」の概念で使われることが一般的でしたが、テレビの登場により、人が集まり会話を楽しむ「リビングの核」になるとロルフベンツ社は考え、テレビが納品されるタイミングと同時に、世界ではじめてのコーナーソファ「アディホーム」を開発しました。シート部分とサイドテーブル部分のそれぞれを入れ替えることができるフレキシブルなコーナーソファはすぐに世界中に広まり、リビングのあり方を一新しました。現在も最先端のデザインとドイツのクラフトマンシップを持って、世界中のリビングで家族の集いを支え続けています。

ITEM INFORMATION

ROLFBENZ(ロルフベンツ)オットマン「HCK6500」革ブラック色

ロルフベンツ社のシンプルで洗練されたデザインのオットマ…

商品詳細を見る

ROLFBENZ(ロルフベンツ)ダイニングチェア「616」アメリカンウォールナット材布グリーングレー

布、木、スチール3種の素材を見事に融合したダイニングチ…

商品詳細を見る

ROLFBENZ(ロルフベンツ)コーナーソファ「アルマ」布ライトグリーン色

ロルフベンツ社のコーナーソファ「アルマ」布ライトグリー…

商品詳細を見る

ROLFBENZ(ロルフベンツ)オットマン「HCK6500」革ブラック色

ロルフベンツ社のシンプルで洗練されたデザインのオットマ…

商品詳細を見る

ROLFBENZ(ロルフベンツ)ダイニングチェア「616」アメリカンウォールナット材布グリーングレー

布、木、スチール3種の素材を見事に融合したダイニングチ…

商品詳細を見る

ROLFBENZ(ロルフベンツ)コーナーソファ「アルマ」布ライトグリーン色

ロルフベンツ社のコーナーソファ「アルマ」布ライトグリー…

商品詳細を見る
インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

大塚家具のインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。