大塚家具が提案する新しい暮らし方 -ラウンジスタイルー

ラウンジスタイルとは、大塚家具が提案する新しい暮らし方。「何をするのにもリビングが中心」もしくは「ソファ中心」という生活スタイルの方に今人気のあるリビングダイニングのレイアウトです。カフェのようにゆったりとくつろげるソファや椅子で機能の両立を実現。インテリアの常識を捨てて生まれる「ゆとりの空間」なら自由な発想で暮らしに合わせた空間づくりが叶います。

2018/10/18

ラウンジスタイル 2つのPOINT

POINT1 ゆとりが生まれる

リビングとダイニングを一つにまとめることで、同じ空間でもゆとりが生まれます。アイデア次第でスペースをさまざまに活用できます。

POINT2 一つひとつを上質なインテリアに

ソファとダイニングに割り振っていた予算を1セットに集約できるので、同じ予算でもより上質なインテリアを実現できます。

ラウンジスタイル 3つのCASE

CASE1 コンパクトな空間をフレキシブルに活用

家族で並んでもゆったり座れるカウチソファにした分、コンパクトサイズのテーブルを合わせて、子どもが遊べる床スペースを確保。リビングテーブルは丸い天板が動線の邪魔になりにくく、軽くて移動も容易です。

「ゲストを招いて、みんなで食卓を囲んで楽しみたい」そんなときは、ダイニングをソファ前へ移動して天板を伸長すれば、あっという間に大人数で座れるダイニングに早変わり。カウチソファはしっかりした座り心地のハードタイプを選んで、食事用のイスとしても活用できます。

●おすすめ商品はこちら:“自分だけの”を叶えるカバーリングセミオーダーソファ『DUO』


ITEM INFORMATION

ダイニングテーブル(伸長式)「ビエンナ」オーク材

CASE2 お気に入りのソファを主役にしたワンルーム

部屋にいる間、ほとんどの時間を過ごすソファは程良い硬さの座面を選択。奥行きサイズはコンパクトながら、スリムタイプのアームを選び、広々座面は横にもなれる万能選手です。 そんなお気に入りのソファで、食事もパソコン作業もしたい!を叶えるのは、簡単に高さ調整が可能な昇降式テーブル。寝転んでリラックスタイムのときはローテーブルに、食事やパソコン作業をするときはハイテーブルとして、用途によってフレキシブルに対応してくれます。

●おすすめ商品はこちら:“自分だけの”を叶えるカバーリングセミオーダーソファ『DUO』


ITEM INFORMATION

リフティングテーブル「ロジカ」ダークブラウン色RLT-4510

CASE3 食事もくつろぎも叶う場所

食事を楽しむダイニングセットとくつろぐためのソファ、どちらも必要だけど窮屈にはしたくない。そんなときこそラウンジスタイル。「別々に」ではなく「一緒に」を選択すれば、空間はゆったりでありながらも家族の距離は近くなります。 食事にも適した座り心地のソファは背もたれのリクライニング機能付きなので、食後は楽な姿勢でソファへ身体をあずけてゆっくりくつろげます。

ITEM INFORMATION
ITEM INFORMATION

【受注生産品】ダイニングテーブル「ファルコ」ビーチ

ラウンジスタイルおすすめ組み合わせアイテム

おすすめのラウンジスタイルアイテム

ラウンジスタイルおすすめ組み合わせアイテム例02

ITEM INFORMATION

リビング&ダイニングテーブル「ティアラ」ホワイト引付棚付

商品詳細を見る

リビング&ダイニングテーブル「ティアラ」ホワイト引付棚付

商品詳細を見る

ラウンジスタイルおすすめ組み合わせアイテム例03

ITEM INFORMATION

リビング&ダイニングテーブル「ノルディック」白木塗装引付棚付

商品詳細を見る

リビング&ダイニングテーブル「ノルディック」白木塗装引付棚付

商品詳細を見る

ラウンジスタイルおすすめ組み合わせアイテム例04

ITEM INFORMATION

ラウンジスタイルおすすめ組み合わせアイテム例05

ITEM INFORMATION

ソファ「ノルディー」布グリーン色

商品詳細を見る

【受注生産品】チェア「Yチェア/CH24」ビーチ材ソープ仕上げ

商品詳細を見る

ソファ「ノルディー」布グリーン色

商品詳細を見る

【受注生産品】チェア「Yチェア/CH24」ビーチ材ソープ仕上げ

商品詳細を見る
インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

大塚家具のインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。

ページTOPへ戻る