[家具・インテリアのお手入れ]カーテンのお手入れ〜シェードカーテン編〜

近頃人気のシェードカーテンをご存知でしょうか?ブラインドのような機械を使って、水平に生地をたたみながら上下させるスタイルです。レギュラーカーテンとは違い、上下に開閉するシェードカーテンは上からの直射日光を遮るのに効果的です。また生地がフラットになるので、絵画のように生地の柄を楽しめます。一見、難しそうに思えるシェードカーテンのお手入れも、洗濯できる生地を使っているからこそ、コツさえつかめばご自宅で簡単に洗えます。今回はシェードカーテンのお手入れ方法をご紹介します。

2019/01/11

シェードカーテンの普段のお手入れ方法

シェードカーテンのお手入れ方法は、普段のお手入れに加え、年1~3回のお洗濯でのお手入れが必要です。普段のお手入れは、ハタキなどを使ってホコリを優しく落とす程度で大丈夫です。またキッチンなど、油気の多い場所ではこまめに拭うのがポイントです。こまめなお手入れによって、シェードカーテンをキレイに長くお使いいただけます。

シェードカーテンの洗濯方法は

レギュラーカーテンと同じように、シェードカーテンの生地も定期的なお洗濯をおすすめします。使用頻度によりますが、ドレープは年に1回、レースは年に2~3回程度が目安になるようです。

カーテン生地の取り外し方法

シェードカーテンの生地をお洗濯する際には、シェード本体から生地を取り外します。まずウェイトバーを抜き出します。

次に生地の裏に付いている昇降コードを外します。ここでのポイントは、昇降コードにペンで目印をつけておくことです。確認ができ取り付けの際に便利になります。

それから昇降コードをリングから抜きます。生地を取り外した後は、コードが絡まないようにまとめておきましょう。

カーテン生地を洗濯する際の注意点

生地をリングが内側にくるように畳んでから、洗濯ネットに入れてお洗濯しましょう。お洗濯の際は、必ず生地の洗濯ラベルを確認してからメンテナンスしましょう。

カーテン生地の取り付け方法

生地の取り付け方は、基本的に外した時と逆の手順になります。

お手入れ方法を動画で確認

ご自宅のお手入れでシェードカーテンをいつまでもキレイに

シェードカーテンの基本的なお手入れは、レギュラーカーテンと同様です。長い間お洗濯をしないと、汚れが落ちにくくなるだけでなく、繊維が劣化する恐れもあるようです。コツをつかんで、ご自宅でお手入れしてみましょう。

[家具・インテリアのお手入れ]カーテンのお手入れ〜レギュラーカーテン編〜

意外と知られていないのが「実はカーテンは結構汚れてる!」ということ。 かけてあるだけだし、取り外して洗うのだって面…

記事を見る

[家具・インテリアのお手入れ]革のソファ・チェア編

使い込むほどに味わい深く、肌になじむような座り心地が革張りのソファやチェアの魅力。革独特の風合いを長く愉しむために…

記事を見る
インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

大塚家具のインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。

ページTOPへ戻る