季節のスタイリング〜寒い冬のあったかベッド編〜

本格的に寒くなってくると、お部屋のインテリアもほっこり暖かな印象にしたくなりませんか?そんなときに取り掛かりやすいのが、実は寝室、ベッドのスタイリングなのです。ポイントは「素材の組み合わせやレイヤード」。細かいことは気にせずにスタイリングを楽しむと、見た目にも暖かく、ベッドに入ってからも生地の温かさを感じることができます。

2019/01/11

普段のシンプルな寝室も、冬仕様に模様替えしましょう

小物づかいでグッと冬らしく

スタイリングにいちばん取り入れやすいのはクッションです。寒くなってくるとインテリアショップには、ツイード、ファー、ベロアといったように見た目も触り心地も暖かい素材の クッションカバーが多く店頭に並びます。同系色の素材違いでクッションを2〜3個置くだけでもベッドの印象がガラリと変わります。寝るときに邪魔、、、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、寝る前の読書時間やSNSをチェックするとき、背当てになるので意外と便利なアイテムなんです。

ブランケットをスタイリングに活用して

面積の広いブランケットがスタイリングの中心に

寒い季節の必需品!ブランケットはひざ掛けとしての印象が強いかもしれませんが、選び方次第であったかスタイリングの中心になります。おすすめはモヘヤやウールのブランケット。ざっくりとしたニット素材やチェックなどもおすすめです。面積の大きなブランケットは、掛け布団の上にかけるだけでインテリアのアクセントになります。朝起きて肌寒い時は、ブランケットをさっと肩にかければ、ふわっと暖かく目覚めよく動けそうですね。

足元のオシャレも忘れずに

ベッドだけでなく、床でもコーディネートを楽しんで

おすすめは毛足の長いラグ。ムートンなどの保温性の高いラグは、冬の朝、冷え切った床から足元を守ってくれます。見た目と実用性を兼ね備えたスタイリングの鍵は素材選びが大切なポイントです。ベッドカバーを変えるのも良いですが、まずはクッションやラグなど、取り入れやすいものから始めて見ませんか?肌触りのよい小物があれば、寒い冬でもぐっすり眠れそうですね。

スタイリングのコツを動画でご紹介

インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

大塚家具のインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。

ページTOPへ戻る