照明器具を選ぶ前に

照明のタイプと役割を知り、適切な照明器具を選びましょう。

照明は場所によってその役割を発揮します。天井付けのシーリングライトは部屋全体を照らし、ペンダントはダイニングテーブルの上で食事を美味しそうに見せます。
照明計画を立てる前に、まずは照明のタイプと役割を知ることが先決です。

  • ①シャンデリア

    灯具が複数あり、空間を華やかに見せてくれます。伝統的なデザインだけでなく、モダンやカジュアルなインテリアに似合うものもあります。

  • ②シーリング

    天井付けですっきりとした印象。光を全体に行き渡らせ部屋を広く見せる効果があります。
    子ども部屋や書斎など、どんな部屋にもマッチします。

  • ③ペンダント

    チェーンやコードで天井から吊り下げるタイプの照明です。
    吹き抜けなどの天井の高い空間やダイニングテーブルの上に用いられます。

  • ④ブラケット

    壁面に取り付ける間接照明で、演出性・装飾性の高い照明です。
    リビングでほかの照明と組み合わせれば、華やかな雰囲気に。

  • ⑤フロアスタンド

    床置きの照明器具。部屋のコーナーやソファのわきに置き、壁面や天井を照らすことで雰囲気のある空間に。
    デザインによっては読書などのタスクライトとしても活躍します。

    スタンドライトのご紹介

  • ⑥テーブルスタンド

    卓上型の照明器具。サイドボードやチェストの上に置けば光のオブジェとしての演出もできます。
    サイドテーブルやナイトテーブルに置いてタスクライトの役割も。

IDC照明カタログ「LIGHTING」デジタルカタログはこちら