インテリアのはなし インテリアのはなし

インテリアのお役立ち情報をお届け

テレビの選び方をわかりやすく解説!自分の暮らしに合ったテレビのサイズや種類、便利機能をご紹介

さまざまなブランドから多種多様な製品が登場しているテレビ。その進化は目覚ましく、充実した機能が日々追加されています。どんどん便利になるテレビ、自分の暮らしにはどのような機能でどのようなサイズが合うのかをわかりやすくご紹介します。テレビの購入を検討されている方も、今後テレビを買い替えるかもしれない方もぜひ参考にしてみてください。

2021/09/02

目次

テレビの種類は大きく3つ!それぞれの特徴と違いは?

プラズマテレビ

2014年に生産を終了しているプラズマテレビ。画素の一つひとつがプラズマ発光によって光るため、光のコントロールに優れていますが液晶テレビや有機ELテレビに比べて消費電力が高くなってしまうのが特徴です。

液晶テレビ

液晶を使って色をコントロールする液晶テレビ。ディスプレイ内に内蔵されているカラーフィルターと液晶パネル、バックライトを連動させることで色を表現しています。輝度が高く映像が明るく見えるため、日が入るリビングなどの明るい部屋でも見やすいのが特徴です。

有機ELテレビ

電圧がかかることで発行する有機物を使って映像を映し出す有機ELテレビ。有機EL素子と画面のみというシンプルな構造なため、液晶テレビやプラズマテレビに比べて薄型なのが特徴です。(液晶テレビの約1/10の厚み)1画素ごとに明るさを調整でき完全な黒を表現できるため、コントラストをはっきりと表現することができます。

4Kや8Kの意味とは?きめ細やかさに差が出るディスプレイ性能

テレビ画面のきめ細やかさや解像度を決める基準になるのがディスプレイの画素数です。フルハイビジョン(2K)や4K、8Kは画素数の細やかさの違いを表しています。ハイビジョン、フルハイビジョン(2K)、4K、8Kの順で画素数の数が多くなり、美しく鮮明な映像を映し出すことができるようになります。

フルハイビジョン画素

4K画素

よく聞く4Kテレビって何?

4Kテレビはフルハイビジョン(2K)テレビの約4倍も高精細で立体感のある映像を映し出すことのできるテレビです。横方向と縦方向の画素数がそれぞれ2倍細かくなるため、画面全体で4倍の細かさの画素数となります。4Kテレビならフルハイビジョン(2K)テレビと同じもしくはさらに大きな画面サイズでも、美しく滑らかな映像となります。

ディスプレイ機能によって変わる適切な視聴距離

テレビの適切な視聴距離とは、テレビを見ていて最も深い没入感を堪能できる距離を指します。その距離はテレビの画素数によって異なります。液晶テレビと2Kテレビの場合は画面高の約3倍、4Kテレビの場合は画面高の約1.5倍の距離を空けると最適とされています。同じ視聴距離でもディスプレイ機能が高い4Kや8Kテレビだと、大きなサイズのテレビを置くことができます。
※映像の種類や体質などによって異なる場合があります。

画素数の違い

■ハイビジョン

画素数は画面全体で105万画素(水平方向:1,366×垂直方向:768画素)

■フルハイビジョン(2K)

画素数は画面全体で207万画素(水平方向:1,920×垂直方向:1,080画素)

■4K

画素数は画面全体で829万画素(水平方向:3,840×垂直方向:2,160画素)

■8K

画素数は画面全体で3,317万画素(水平方向:7,680×垂直方向:4,320画素)

我が家に最適なサイズとは?テレビサイズの選び方

前段でご紹介したようにテレビにはサイズやディスプレイ機能によって最適な視聴距離があります。テレビを見る位置とテレビまでの距離をどのくらい取れるかによって、置けるテレビサイズが決まります。

10畳のLDに置きやすいテレビのサイズ

フルハイビジョンテレビなら40インチ(最適視聴距離:約1.5m)、4Kテレビなら65インチ(最適視聴距離:約1.2m)がおすすめです。

16畳のLDに置きやすいテレビのサイズ

フルハイビジョンテレビなら45~50インチ(最適視聴距離:約1.7~1.9m)、4Kテレビなら75インチ(最適視聴距離:約1.4m)がおすすめです。

今のテレビは便利機能が盛り沢山!人気の機能をご紹介

きれいな映像を楽しみたい

美しい色と滑らかな映像を楽しみたいなら、発色がとても鮮やかで高画質な有機ELテレビがおすすめです。見る角度によっての色変化がほとんどなく、どの角度から見ても美しい映像を楽しむことができます。液晶テレビに比べ残像が少なく、動きの速い映像も見やすいためゲームやスポーツ観戦、アクション映画などがお好きな方にもおすすめです。

おすすめの有機ELテレビ

  • ソニー 4K有機ELテレビ XRJ-65A90J「BRAVIA」65V型

    ソニー 4K有機ELテレビ XRJ-65A90J「BRAVIA」65V型

    オープン価格

    サイズ:幅1502×奥行317×高さ834mm

    認知特性プロセッサー「XR」とA90Jの独自設計が有機ELパネルの能力を最大限に引き出し、発光性能を高めることで高輝度化を実現。

  • パナソニック 4K有機ELテレビ「ビエラ」TH-65JZ1000 65V型

    パナソニック 4K有機ELテレビ「ビエラ」TH-65JZ1000 65V型

    オープン価格

    サイズ:幅1448×奥行348×高さ901mm

    部品状態で仕入れた有機ELパネルを自社で組み立て・チューニングし、素材あのありのままの色を再現。高画質を実現しています。

動画サービスやWebサイト、SNSをテレビで見たい

インターネット接続機能を持つスマートテレビなら、動画配信サービスやWebサイトの閲覧が可能です。SNSと連携もできるのでテレビ画面でSNSを閲覧することができます。テレビ放送以外のさまざまなコンテンツをテレビの大画面でも楽しみたい方は、スマートテレビがおすすめです。

おすすめのスマートテレビ

  • FUNAI 4K有機ELテレビ FE-65U7040 65V型

    FUNAI 4K有機ELテレビ FE-65U7040 65V型

    オープン価格

    サイズ:幅1449×奥行267×高さ854mm

    Android TV搭載なのでインターネットにつないでさまざまなテレビコンテンツを楽しめるテレビ。

  • 東芝 4K有機EL 65X8900K「レグザ」65V型

    東芝 4K有機EL 65X8900K「レグザ」65V型

    オープン価格

    サイズ:幅1449×奥行325×高さ898mm

    A.I学習によるおすすめ番組や、みんなが注目している番組、ネット番組、旬のおすすめて0真名でお見たいと思ったものをすぐに視聴。

音にこだわりたい

映画やコンサートなど音を楽しむ映像を見ることの多い方には、音響にこだわったスピーカーを搭載しているテレビがおすすめです。低音から高音までバランスのよいサウンドを得意とするものや、お部屋に合わせた最適な温室を自動調整してくれるもの、画面そのものから音を出し映像と音が一体となって聞こえるものなど、メーカーごとにさまざまな特色があるので、見たい映像に合わせたタイプをセレクトしてみてください。

こだわりスピーカー搭載のおすすめテレビ

  • パナソニック 4K有機ELテレビ「ビエラ」TH-65JZ2000 65V型

    パナソニック 4K有機ELテレビ「ビエラ」TH-65JZ2000 65V型

    オープン価格

    サイズ:幅1448×奥行350×高さ916mm

    イネーブルド&ワイドスピーカーとドルビーアトモスを搭載し立体音響を実現。映画館さながらの臨場感を味わえるテレビ。

  • ソニー 4K液晶テレビ「BRAVIA」XRJ-65X95J 65V型

    ソニー 4K液晶テレビ「BRAVIA」XRJ-65X95J 65V型

    オープン価格

    サイズ:幅1443×奥行338×高さ908mm

    ソニー独自の音響技術により音の定位感を向上。映像と音の一体感が高まり、臨場感豊かな視聴体験をもたらします。

ゲームを最大限に楽しみたい

ゲームの世界に入ったかのようにゲームを楽しみたい方には、美しい映像と低遅延でゲームを楽しめるゲームモードを搭載したテレビがおすすめです。低遅延はアクションゲームのようなボタンを押すタイミングが重要なゲームもボタンを押してから攻撃するまでの表示反映時間が短く、思いどおりのプレイを楽しむことができます。

ゲームに適したおすすめテレビ

  • シャープ 8K/4K内蔵液晶テレビ 8T-C60DW1「AQUOS」60V型

    シャープ 8K/4K内蔵液晶テレビ 8T-C60DW1「AQUOS」60V型

    オープン価格

    サイズ:幅1356×奥行102×高さ791mm

    美しい映像と音響でゲームを楽しめるテレビ。「ゲームモード」を選択するとアクションゲームのようなボタンの反応速度が重要なゲームもストレスなく楽しめます。

  • 東芝 有機ELテレビ 65X9400S「レグザ」65V型

    東芝 有機ELテレビ 65X9400S「レグザ」65V型

    オープン価格

    サイズ:幅1457×奥行296×高さ862mm

    映像遅延時間の短縮と高画質技術によって、美しい映像で快適にゲームを楽しめます。コントローラーのボタン操作と画面表示のタイムラグを少なくし、スムーズに思いどおりのプレイが可能です。

録画機能を充実させたい

1人暮らしや共働き夫婦、小さなお子様がいるご家族などは、録画機能が充実しているタイプのテレビがおすすめです。お仕事が忙しかったり、お子様の番組とご両親の見たい番組が重なってしまう場合、細やかに番組をセレクトし録画できると、時間のあるときにまとめて楽しむことができます。また、細かく番組をセレクトせずに好きなジャンルや項目を選ぶだけで、その項目に合った番組を自動録画してくれる機能があるものもあります。

録画機能が充実しているおすすめのテレビ

  • シャープ 4K液晶テレビ「AQUOS」4T-C65DN1 65V型

    シャープ 4K液晶テレビ「AQUOS」4T-C65DN1 65V型

    オープン価格

    サイズ:幅1446×奥行290×高さ907mm

    グーグルアシスタント機能により、リモコンのボタンを押して話しかけるだけで見たい番組の検索・予約が簡単にできます。

  • FUNAI 4K有機ELテレビ FE-65U7040 65V型

    FUNAI 4K有機ELテレビ FE-65U7040 65V型

    オープン価格

    サイズ:幅1449×奥行267×高さ854mm

    おまかせ録画機能で、番組のジャンルなど好みの項目を選んでおくと、テレビが番組を検索し自動で録画予約。録画のし忘れ防止やチェックしていなかった番組との出会いも。

メーカーごとに特徴は様々!テレビの主要メーカーをご紹介

XRJ-65A80J

ソニー「ブラビア」

映像やスポーツ観戦、ライブ映像を見るのが好きな方におすすめな、ソニー「ブラビア」。
認知特性プロセッサー搭載により人が目で見た現実世界に近い、よりリアルな映像を描き出すことができるテレビです。独自のアルゴリズムで人が注視する場所を見つけることができ、自然にその注視点を際立たせることが可能です。また、ネットワーク機能が充実しているのも特徴のひとつです。

TH-65JX950

パナソニック「ビエラ」

色鮮やかでハイコントラストな映像が楽しめる、パナソニック「ビエラ」。
映像の美しさにも非常にこだわりがあり、色鮮やかなコントラストが楽しめるのが特徴です。超高解像度技術「4Kファインリマスターエンジン」を搭載し、4Kに対応していない地デジ放送もまるで4K映像のように美しく表現することができます。

50M540X

東芝「レグザ」

つい録画し忘れてしまう方におすすめの、東芝「レグザ」。
タイムシフト機能で見逃した番組を見ることができ、地デジ番組を最大6チャンネルも録画することができます。超解像技術により映像のエリアごとに画素数単位で適切な超解像処理を実施することで、緻密な映像に復元することができます。

4T-C50DN2

シャープ「アクオス」

ハイビジョンも4Kコンテンツも8K相当の映像美を実現する、シャープ「アクオス」。
8Kテレビのカラーマッピングを4Kテレビに応用した「リッチカラーテクノロジー」により、色彩表現力が高まっています。見やすい角度に調整できる回転式スタンド(一部モデル非対応)なので、置き場所や見る場所がより自由になります。

FL-50U3130

船井電機

国産メーカーで圧倒的なコストパフォーマンスが魅力の、船井電機。
米国での売り上げが全体の80%を占めている、世界的に認められているトップブランドです。4K衛星放送の多彩なチャンネルが楽しめるだけでなく、アンドロイドテレビ、ネットダイレクト機能により、さまざまな動画配信サービスからお好きなコンテンツを楽しむことができます。

テレビを買う前にここをチェック!

アンテナケーブルの有無と種類

アンテナケーブルはテレビに付属していません。お買い替えの場合は今お使いのケーブルを引き続き使用されるか、新たにご購入が必要かお確かめください。お買い替えでも置き場所を変えたり、お引越しでテレビからテレビ用コンセントの位置が離れたりすると、今までお使いだったアンテナケーブルでは長さが足りなくなる場合があります。テレビのご購入を検討される場合には、アンテナケーブルの有無と合わせてテレビからテレビ用コンセントの位置も確認しておくことをおすすめします。
また、地上デジタルのみを見る場合と、地上デジタルに加えて衛星放送(BS・CS)を見る場合とでは、アンテナケーブルの本数が異なります。地上デジタルのみの場合は1本のアンテナ線、衛星放送も見る場合は2本もしくは分波器が必要になります。アンテナケーブルの差し込み口によっても、必要なアンテナケーブルの種類が異なりますので、事前に確認しておくとテレビを選ぶ際にスムーズです。

テレビの設置方法

テレビボード「スティック」

■テレビボードに置く

最も多く選ばれるタイプです。テレビ台にテレビを乗せるだけなので、お引越しや模様替え、テレビを買い替える際など、テレビの移動がしやすいのが特徴です。テレビボードには収納が付いてるものが多いので、テレビの周辺機器やDVD、その他小物などをしまいやすいのも魅力です。

テレビボード「ミニモ」

■壁掛けタイプのテレビボードに掛ける

大型の壁面タイプテレビボードには、専用金具でテレビを壁掛けできるものもあります。ご自宅の壁に穴を空けずに取り付けることができるので、賃貸物件にも気軽に設置することができます。テレビボードの種類によって取り付けできるテレビの種類が異なりますので、事前に確認が必要です。
※テレビの取り付けには諸条件がございます。詳しくはお問い合わせください。

テレビフロアスタンド「フラミンゴ43-85 」

■テレビフロアスタンドに掛ける

壁面の少ない物件やテレビボードを置くスペースが取りにくい場合におすすめなのが、テレビフロアスタンドです。スタンドにテレビを取り付け、好きな場所に置くことができます。
※テレビの取り付けには諸条件がございます。詳しくはお問い合わせください。

■壁面に取り付ける

テレビを壁面に直接取り付ける設置方法です。テレビボードやスタンドなどのアイテムが必要ないので、すっきりとした印象にすることができます。コンセントやテレビ用コンセントの位置によっては配線が見えるので注意が必要です。また、壁に穴をあけ取り付ける工事となるため、穴あけ工事の可否をご確認ください。工事は専門業者にて行います。(有料)
※テレビの取り付けには諸条件がございます。詳しくはお問い合わせください。

50インチ以上の大型テレビは搬入に要注意

テレビを設置するお部屋に搬入する際に階段を利用する場合、別途料金が発生します。また75インチ以上の大型テレビの場合には人員を増やす必要が発生するケースもあるため、大型テレビをご検討の際にご注意ください。
階段の広さや構造によっては、階段からの搬入が難しい場合もあります。その際はクレーンによる吊り上げ搬入(別途お見積り)にて搬入を行います。
※クレーン搬入は設置階数などによりご対応できかねる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

大塚家具のインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。