MENU

MENU

  • 商品

  • ONLINE SHOP

  • 特集

  • イベント&フェア

  • サービス

  • 店舗

ブランド

Poltrona Frau

ポルトローナフラウ

ROLFBENZ

ロルフベンツ

de Sede

デセデ

Medea

メデア

erba

エルバイタリア

MATSUSO

松創

MORISHIGE

森繁

Sala Azabu

サァラ麻布

ligne roset

リーン・ロゼ

cattelan italia

カッテラン イタリア

Calligaris

カリガリス

himolla

ヒモラ

Stressless

ストレスレス®

L/S

エルエス

FaBBRiCa

ファブリカ

ABITAMODA

アビタモーダ

REGALIA

レガリア

SIMMONS

シモンズ

serta

サータ

FranceBed

フランスベッド

Sealy

シーリー

PARAMOUNT BED

パラマウントベッド

Slumberland

スランバーランド

Artena

アルテナ

CARL HANSEN & SØN

カール・ハンセン&サン

HOUSE OF FINN JUHL

ハウス・オブ・フィンユール

GETAMA

ゲタマ

AYANO

綾野製作所

Pamouna

パモウナ

Akimoku

秋田木工

HIDA

飛騨産業

karimoku

カリモク家具

hamamoto

浜本工芸

TENDO

天童木工

TAKUMI KOHGEI

匠工芸

MASTERWAL

マスターウォール

TAKANO MOKKOU

高野木工

NAGANO INTERIOR

ナガノインテリア

KIRITSU MOKKOU

起立木工

IKASAS

イカサ

Meuble

モーブル

hotta woody

堀田木工所

KOJIMA KOUGEI

小島工芸

HermanMiller

ハーマンミラー

okamura

オカムラ

Ergohuman

エルゴヒューマン

Steelcase

スチールケース

Christian Fischbacher

クリスチャン・フィッシュバッハ

Sumiko Honda

スミコホンダ

Morris Design Studio

モリスデザインスタジオ

JAB

ジャブ

Yamagata Dantsu

山形緞通

louis poulsen

ルイスポールセン

LE KLINT

レ・クリント

marset

マルセット

MASSMI

マッスミ

miloox

ミロックス

FLOS

フロス

手織り絨毯ギャッベ

遊牧民の手仕事が生み出す
世界に1点の絨毯

南ペルシャの遊牧民によって織り続けられている
絨毯「ギャッベ」。

図案の存在しない色柄は、織り手の感性によって描かれています。

その独特かつあたたかみのある色柄は不思議なことに、
さまざまな雰囲気のインテリアと調和し空間を彩ります。

手織り絨毯ギャッベ

親から子へ
受け継ぐことのできる「ギャッベ」

羊毛100%、糸は完全草木染めという自然素材のみを使って織られているギャッベは、美しい色柄だけでなく高い耐久性も人気を集める理由のひとつです。高地の厳しい環境で育った上質な羊の毛を刈り取り、手で撚って糸にしています。その糸を草木を煮出してつくった染料で染め上げてから女性が織り上げます。高品質な羊毛と培われた技術による手作業により、高い耐久性を誇る絨毯が完成します。その耐久性は100年以上ともいわれます。使い続けるほどに柔らかくしなやかに経年変化するギャッベは、1世代だけでなく親から子へ受け継ぐことのできる、家族の歴史を紡ぐ絨毯となります。

手織り絨毯ギャッベ

ギャッベとは?

ギャッベは、南ペルシャの遊牧民が長い歴史と伝統を受け継ぎ織り続けてきた絨毯です。この地方の言葉で「長い毛をもつ敷物」を意味し、古くはサファヴィー朝の記録にも残されています。自分達の羊の毛を刈り、手で紡ぎ、自生する植物で糸を染め家事の合間に女性たちの手によって織り上げられます。下絵がなく、即興で織り上げていくため、一つひとつの柄にその時々の想いが込められているのが魅力です。

ギャッベ生産地域地図

■遊牧民が暮らす過酷な環境


南ペルシャの遊牧民が暮らすのは、イラン高原の西部を背骨のように連なるザークロス山脈一帯です。夏は最高気温40度にもなり冬は氷点下まで冷え込む、1年をとおして寒暖差の激しい気候です。

■床の役割を果たす絨毯


厳しい環境に暮らす遊牧民が、硬い大地を床として使うための必需品がギャッベです。地面にそのまま敷いて使うので丈夫で耐久性の高いつくりになっています。

■厳しい環境で育った羊の毛


寒暖差が大きい高地で放牧されている羊の毛は、厳しい環境から自分の身を守るため、強くしなやかで高い保温性と調湿性を持っています。また羊毛が持つ上質な油分を程よく残して毛を洗浄するため滑らかでしなやかな肌触りとなります。

■染料は全て自然の草木染め


全てのギャッベは自生する植物から色を抽出する草木染めで色付けされています。赤は茜、黄は柘榴、青はインディゴ、緑はインディゴにジャシールを混ぜてつくられます。染色していない羊毛本来のベージュや茶も織り交ぜてさまざまな色柄を表現しています。

夏は涼しく冬はあたたか

前述のとおり、厳しい環境で育てられた羊の毛は強くしなやかかつ、高い保温性と調湿機能を持っています。このような上質な羊毛を使って織られたギャッベは、1年中快適に使えるのも魅力のひとつです。夏はその調湿性からさらりとした肌触りで心地よく使え、冬は室内の暖かい空気と湿気を程よく溜めほっこりとした使い心地です。床暖房やホットカーペットの上で使うことができるので、季節を問わず敷いたまま過ごしていただけます。

高い耐久性ならではの経年変化の楽しみ

ギャッベは遊牧民が硬い大地に直接敷いて使うため、丈夫で上質な羊毛をしっかりと織り上げてつくられています。起伏のある地面に敷いて踏みしめても破れたりほつれたりしない高い耐久性を持っています。

実はとてもお手入れ簡単

羊毛を緻密に織り上げているギャッベはホコリなどの細かい汚れが絨毯の表面に留まるため、掃除機でお掃除するだけでお手入れ完了です。また、油分を多く含む上質な羊毛を使用しているので汚れをはじき、気兼ねなく使うことができます。

願いが込められた一つひとつの文様

その時々の気持ちを込めるように織り上げるギャッベには、家族や仲間、さらには自然に対する畏怖の念などが描かれています。描かれる文様には一つひとつに意味があり、その文様を織り込むことで織り手の願いが込められています。例えば嫁いでいく娘に新たな家族との円満な家庭を願って「鹿」を描いたり、出産の記念にまっすぐ育つ糸杉の木をモチーフにした「生命の木」を描いたり。人生の節目や未来への願いを絨毯に込め、次の世代へと受け継いでいきます。よく描かれる文様の一部をご紹介します。

■木


"生命の樹"と呼ばれ、家族の「長寿」や「健康」を願った人気の文様です。

■四角


湧き上がる井戸や水場を意味するこの文様は「健康」「活力」の意味を持ちます。

■ラクダ


ラクダを飼えるということは「成功」のシンボルです。富みを祈る文様です。

■ヤギ


遊牧生活では家畜は「財産」の象徴。不自由ない暮らしを祈る意味が込められています。

■人の形


子孫繁栄、豊饒を意味。人間に留まらず放牧している羊の出産への願いも込められています。

■ライオン


王の象徴。ライオンは深い知恵・豊かな財力・強靭な肉体など大きな権力を持った存在です。

■菱形


「トランジ」と呼ばれるこの文様をみればどこの部族の出身かがわかる「家紋」のような文様です。

■オオカミの足跡


「害をなすものが入り込まないように」という魔除けのような願いの文様です。

世界最高峰のギャッベブランド
「ゾランヴァリ」

ゾランヴァリは、遊牧民であるカシュガイ族の生活道具であったギャッベを世界にはじめて紹介したイランの絨毯商です。カシュガイ族の中でも優れた織り子だけと契約し、アート性が高く、上質なギャッベを生産することで世界に知られています。一般的なギャッベと比較すると、その品質の高さは一目瞭然。より細かく丁寧に織り上げられたギャッベは、薄くても密度の高いしっかりとした使い心地です。
大塚家具では全店舗でゾランヴァリ製ギャッベのお取扱いをしております。