MENU

MENU

  • 商品

  • ONLINE SHOP

  • 特集

  • イベント&フェア

  • サービス

  • 店舗

ブランド

Poltrona Frau

ポルトローナフラウ

ROLFBENZ

ロルフベンツ

de Sede

デセデ

Medea

メデア

erba

エルバイタリア

MATSUSO

松創

MORISHIGE

森繁

Sala Azabu

サァラ麻布

ligne roset

リーン・ロゼ

cattelan italia

カッテラン イタリア

Calligaris

カリガリス

himolla

ヒモラ

Stressless

ストレスレス®

L/S

エルエス

FaBBRiCa

ファブリカ

ABITAMODA

アビタモーダ

REGALIA

レガリア

SIMMONS

シモンズ

serta

サータ

FranceBed

フランスベッド

Sealy

シーリー

PARAMOUNT BED

パラマウントベッド

Slumberland

スランバーランド

Artena

アルテナ

CARL HANSEN & SØN

カール・ハンセン&サン

HOUSE OF FINN JUHL

ハウス・オブ・フィンユール

GETAMA

ゲタマ

AYANO

綾野製作所

Pamouna

パモウナ

Akimoku

秋田木工

HIDA

飛騨産業

karimoku

カリモク家具

hamamoto

浜本工芸

TENDO

天童木工

TAKUMI KOHGEI

匠工芸

MASTERWAL

マスターウォール

TAKANO MOKKOU

高野木工

NAGANO INTERIOR

ナガノインテリア

KIRITSU MOKKOU

起立木工

IKASAS

イカサ

Meuble

モーブル

hotta woody

堀田木工所

KOJIMA KOUGEI

小島工芸

HermanMiller

ハーマンミラー

okamura

オカムラ

Ergohuman

エルゴヒューマン

Steelcase

スチールケース

Christian Fischbacher

クリスチャン・フィッシュバッハ

Sumiko Honda

スミコホンダ

Morris Design Studio

モリスデザインスタジオ

JAB

ジャブ

Yamagata Dantsu

山形緞通

louis poulsen

ルイスポールセン

LE KLINT

レ・クリント

marset

マルセット

MASSMI

マッスミ

miloox

ミロックス

FLOS

フロス

照明の選び方
照明の選び方

照明の選び方

私たちの生活に欠かせない照明。
バリエーションが多くどのように選べばいいか
迷ってしまうことも多いのでは。
照明のタイプや役割などを知ることで、
暮らしに合わせた照明を選びやすくなります。
照明とは何かをわかりやすくご紹介しながら、
ご自宅にぴったりの照明選びをお手伝いします。

照明のタイプとそれぞれの特徴

照明は用途に合わせて使用することで
お部屋をもっと快適にすることができます。
それぞれの照明の使い方をタイプごとにご紹介します。

ペンダントライト

ペンダントライト


チェーンやコードで天井から吊り下げるタイプの照明で、比較的狭い範囲を照らす「ペンダントライト」。
ペンダントライトはダイニングテーブルの上に取り付けてテーブル上を照らす役割のものや、シャンデリアのようにライトの中心から全体に優しい光を灯すタイプのものなどがあります。
吊り下がっているため視界にも入りやすく、お部屋のアクセントにもなるアイテムです。

シーリングライト

シーリングライト


天井に付くように設置するので高い位置からお部屋全体を均一に明るく照らしてくれる「シーリングライト」。
薄いものが多く、空間を広く見せ、すっきりとした印象を与えます。
最近ではリモコンで調光・調色ができるものも多くあり、リビングや子ども部屋、書斎など、どんなお部屋にも合わせやすいアイテムです。

シャンデリア

シャンデリア


ペンダントライト同様天井から吊り下げるタイプの照明で灯具が複数あり、空間を華やかに見せてくれる「シャンデリア」。
ペンダントライトよりも高い位置で吊り下げ、照らす範囲も広くお部屋全体を明るくします。ゴージャスさを演出したい場合にはピッタリのアイテムです。近年では豪華なデザインだけでなく、モダンやカジュアルなアイテムも増えています。

スポットライト

スポットライト


部分的に明るくしたい場所にピンポイントで光を当てる照明「スポットライト」。
お部屋の壁にかけた絵画や飾ったお花などを際立たせる効果があります。
また、壁にスポットライトの光を当て、その反射効果でお部屋の奥行感を出したり、明るく見せる演出もできます。

フロアスタンド

フロアスタンド


お部屋の隅やソファのわきに置く床置きの照明「フロアスタンド」。
壁面や天井を照らすことで雰囲気のある空間を演出したり、ソファに座って読書をする時に手元を明るくする照明として使います。フロアスタンドのデザインもクラシックからモダン、カジュアルまでご用意があります。

テーブルスタンド

テーブルスタンド


様々なところに置くことのでき、簡単に明るさを補うことができる、卓上型の照明「テーブルスタンド」。
サイドボードやチェストの上に置けば光のオブジェとしての演出もできます。また、デスクやテーブルの上に置けば作業の補助照明として、サイドテーブルやナイトテーブルに置けば、読書を楽しむための手元灯にもなり用途も様々です。デザインも豊富なので気軽にお部屋のアクセントに取り入れやすいアイテムです。

照明は多灯使いがおしゃれでお得

複数の照明を組み合わせて配置する「多灯使い」は
インテリアの演出性を高めることができ、
お部屋をおしゃれに彩ることができます。
さらに、必要な場所のみを点灯させることで、
省エネにも繋がるおすすめの照明使いです。

多灯使い

おすすめの多灯使いコーディネート

灯りの高さを分散させるようにコーディネートすると、多灯使いのコーディネートがしやすくなります。
例えば、天井照明のダウンライト・ダイニングテーブル上にペンダントライト・ソファ横や壁のコーナーにフロアスタンド・サイドボードやサイドテーブル上にテーブルスタンド・観葉植物やソファ横の床にフロアランプ、のように高低差をつけて照明を配置することで、全ての照明を点灯したときにバランスよく空間全体を照らすことができ、部分使いしたときにも明るさの偏りが出にくくなります。
照明のデザインによって光の広がり方が異なるので、光がどの方向に広がるかも意識しながら組み合わせるとよりバランスの取れた多使いコーディネートにすることができます。

多灯使い失敗しないポイント

POINT

多灯使いは光の色味を揃えて

多灯使いをする場合は、一部屋内で使用する光の色味を揃えるようにすると、空間全体に統一感を持たせることができます。温かみのあるオレンジの光源と青みがかった白っぽい光源などを組み合わせると、光の色味が合わずに落ち着かない雰囲気の空間になってしまうので要注意です。

POINT

照明は適材適所に

照明は多すぎても明るすぎて疲れてしまい、少なすぎると暗すぎて必要な箇所に光が足りなくなってしまいます。必要な箇所に必要な分の照明を配置することで快適に暮らせるようになります。リラックスして過ごしたい箇所は落ち着いた光に、読書や仕事をする場には作業しやすい明るさを確保など、生活シーンに合わせた多灯使いで快適性が増すだけでなく、節電しやすい照明の使い方ができるようになります。

POINT

調光器リモコンで
調光も簡単

後付けできる調光器リモコンを組み合わせることで、調光機能のない照明もリモコンで調光ができるようになります。明るさや光の色味を変えられるようになるので、演出性を高めたり生活シーンに合わせた調整が可能になります。
※照明器具によって使用できない場合があるのでご注意ください。

電球の種類と特徴

家庭用で使われる電球には大きく分けて3種類あります。
「白熱灯」、「蛍光灯」、「LED」が
代表的な電球の種類なので、
それぞれの特徴をご紹介します。

白熱電球

黄色味を帯びたあたたかみのある光を発する白熱電球。内部のフィラメントに電流を通すことで生まれる熱によって発光させています。演色性が高いので落ち着いた雰囲気にしたい場合におすすめです。他の2種類の電球に比べて寿命が短いですが、価格が安く買い替えやすいのが特徴です。フィラメントの輝きを活かすクリアガラスタイプと、柔らかな光を発するホワイトガラスタイプの2種類があるので、用途や照明器具のデザインに合わせて選ぶことができます。

蛍光灯・蛍光ランプ

全体を均一に明るくしやすい蛍光灯。内部で発生させた紫外線をガラス管に塗った蛍光物質に透過させることで可視光線となって光を発しています。蛍光物質の色によって光の色が変わるので、生活シーンに合わせた光の色を選ぶことができます。色の種類は一般的に、昼光色・昼白色・白色・温白色・電球色の5種類があり、昼光色がもっとも青白い寒色の光、電球色がもっともオレンジがかった暖色の光になります。また、寿命が長く電気代が安いのも特徴です。

LED

圧倒的な寿命の長さが魅力のLED。消費電力が低いので、家庭内での消費電力ウェイトでエアコン・冷蔵庫に次ぐ高さの照明器具の消費電力を抑えることができます。最近では電球の形もさまざまなものがあり、白熱電球からLED電球へ付け替える方も増えてきています。(照明器具の種類によってLEDを使用できない場合があるのでご注意ください)
昼光色や電球色など光の色を選べるものもあるので、用途に合わせたコーディネートが可能です。

天井照明の取り付けは
事前チェックが重要

住宅の天井には照明を取り付けるための
配線器具が設置されています。
配線器具の形状と照明器具の取付けタイプによって、
取付け方法が異なったり取付けができない場合があるので、
事前のチェックが大切になります。

照明の選び方 天井の配線器具

※配線器具がひび割れていたり、破損している場合は危険です。落下の恐れがありますので、必ず配線器具を取り替えてください。

※上記の配線器具が付いていない場合は、電気工事店にご依頼ください。

※配線器具の取り付け・取り替えは有資格者による工事が必要です。一般の方の工事はたいへん危険です。

※シーリングを取り付ける場合は、水平な天井に取付けてください。

ペンダントを
おしゃれに吊るすアレンジ方法

大きさやデザインが豊富なペンダントライトは
吊るし方のアレンジ次第で
ぐっとおしゃれに見せることができます。
インテリアの雰囲気や設置する場所に合わせて
アレンジしてみてはいかがでしょうか。

ヨーヨーリール

コードの長さ調節でベストな位置に光源を


ペンダントライトは位置が高すぎても低すぎてもインテリアとのバランスが悪くなってしまいます。最適な位置にするためコードカットをすることもできますが、コード収納フランジやヨーヨーリールなど、コードの長さを調節できるアイテムを使うことで、コードを切ることなく光源をベストな位置に調節することができます。コードを購入時の長さのまま保つことができるので、模様替えやお引越しで光源の位置を変える際も簡単に調節することができます。

ダクトレール

ダクトレールで小型ペンダントの多灯使い


インテリアをおしゃれにコーディネートできると人気の高い小型ペンダントの多灯使い。天井の配線器具がひとつでもダクトレールを使うことで、小型ペンダントを複数灯設置することができます。大掛かりな配線工事が必要ないので、気軽に小型ペンダントの多灯使いを楽しむことができます。ダクトレールにはスポットライトの設置も可能なので、光量の追加や壁面のアートなどを照らす演出用として併用することもできます。

照明と家具の専門知識を持つ
専門スタッフがお手伝い

大塚家具では光の効果を知り尽くした専門スタッフが照明選びをわかりやすくサポートします。住環境や年齢などにより、光の感じ方には個人差があるもの。住む方一人ひとりにマッチした最適な照明計画をご提案します。ご予算やイメージに合わせて天井高や配線計画、家具とのバランス、さらには省エネ対策なども万全にフォロー。1灯からお住まい全体の照明計画まで、お気軽にご相談ください。

照明ラインナップ

大塚家具取り扱いの多種多様な照明をご覧いただけます。ペンダント・シーリング・シャンデリア・スタンドなどのカテゴリーごとにおすすめのアイテムもご紹介しています。

照明コーディネート

照明を使ったさまざまなコーディネートをご紹介。人気の北欧スタイルやすっきりとしたモダンスタイル、一部屋に複数の照明を配置する多灯使いコーディネートなど、リビング・ダイニング・寝室などお部屋ごとのコーディネートをご紹介しています。