MENU

  • 商品

  • 特集

  • メディア掲載

  • イベント&フェア

  • 家具の修理サービス

  • サービス

  • スタッフに相談

  • 大塚家具について

  • ドラマ

日曜劇場「下町ロケット」

2018年10月期 TBS系列

2015年に放送され高視聴率を記録した、池井戸潤原作ドラマの続編。
下町の工場「佃製作所」の経営者・佃航平(阿部寛)。一度はあきらめかけた夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。ある日、帝国重工の社長交代によりスターダスト計画が終了する可能性を告げられ、佃はショックを受ける。そこへ追いうちをかけるように、主要取引先から取引削減を告げられ、またしても予期せぬトラブルに見舞われる。そんな中、佃製作所の金庫番、経理部長・殿村(立川談春)の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家で、殿村は父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省することとなる。殿村を見舞う佃と山崎(安田顕)。佃はトラクターを運転する殿村を見て、あることに気づく。それは、新たな夢が生まれた、瞬間だった──。宇宙(そら)から大地へ。佃製作所の新たな戦いの幕が上がる!

出演者:阿部 寛 土屋太鳳 竹内涼真 安田 顕 尾上菊之助 立川談春 吉川晃司 杉 良太郎  他

TBSテレビ系列全国ネット 日曜劇場「下町ロケット」に、美術協力をしました。

美術協力アイテム

尾上菊之助演じる伊丹 大が経営するベンチャー企業 “ギアゴースト”のオフィス

ソファ「レトロ」

北欧メーカーWENDELBO(ヴェネルボ)社のブランド「WON」シリーズのソファ。
北欧デザイン界の巨匠、ハンス・J・ウェグナーやフィン・ユールの影響を受けたデザイナー、365°Northヘンリック・ペダーセンが手掛けたソファ「レトロ」はアームから背もたれにかけて滑らかなカーブを描くモダンで有機的なフォルムが特長。曲線がさまざまな姿勢を優しく受け止めてくれます。

チェア「マンゴー」

洗練されたシルエットと、背座のブロックパターンが快適に身体に沿うように考えられたラウンジチェア。その滑らかなシルエットと背座のブロックパターンのアイデアは名前のとおりマンゴーフルーツを角切りにし裏返した状態からヒントを得ています。

コーヒーテーブル「ケージ」

どんなインテリアにも合うミニマルで洗練されたデザイン。
スリムなスチールフレームは丈夫で軽く、天板のエッジ部分を立ち上げた機能的なテーブルです。

ソファ「L/S VINTAGE-45」

シンプルかつヴィンテージテイストのトレンド感あるスタイルをお求めやすい価格で実現したシリーズ「LSヴィンテージ45」。革本来の自然な風合いを残しつつ、1.4mm~1.6mmの厚みを持ったヴィンテージ調の大判の厚革を贅沢に使用、奥行きのある深い色合いが感じられる上質な仕上がり。シンプルながらも安定感のあるフレームが身体をしっかりと支えます。背もたれ・座面ともにふっくらとクッション性が高く、身体になじむ掛け心地です。

アームチェア「DM0041」

ガンメタル仕上げのスチームフレームを使用したスタイリッシュな表情を持つモダンデザイン。座面にはウレタンとバネを使用し、安定感のある掛け心地と高い耐久性を両立。ソファと合わせやすいシンプルなシートデザインですので、お手持ちのソファなどにプラスワンしてインテリアの変化をお楽しみいただけます。

センターテーブル「エリッセ」

デザイン性の高い脚部を持つリビングテーブル。艶消し仕上げの天板と、削りだした無垢材の脚部とのコンビネーションが、モダンな印象を与えます。柔らかなデザインを採用しているので、様々なインテリアに組み合わせていただけます。

シェルフ「レアリ」

木製の棚板とメタルフレームの組み合わせが個性的なシェルフ「レアリ」。
背板がなくすっきりしたデザインで、お部屋の間仕切りにもおすすめです。
格子の金属フレームは、デザインにアクセントを与えながらも圧迫感は抑えた抜け感のある印象を与えます。

  • 掲載商品の価格、仕様等を変更、または中止する場合がございますのでご了承ください。
  • ショールームによって、掲載商品が展示されていない場合がございます。
  • 商品の色や風合いは、コンピュータディスプレイの性質上、実際とは異なって見える場合がございます。

この記事をシェアする

気になる商品がございましたら
お気軽にお問い合わせください!

大塚家具ではドラマや映画、雑誌のような
空間づくり・インテリアコーディネートのご相談も承っております。